記事検索
最新ニュース

ソニー、AC100Vコンセント6口を装備したリチウムイオン蓄電池

〜バッテリー容量95%まで2時間の急速充電
ESSP-2000

 ソニーは、業務用のリチウムイオン蓄電池「ESSP-2000」を9月に発売する。価格はオープンプライスで、市場推定価格は200万円。

 ソニーエナジーデバイスが開発した蓄電モジュール「IJ1001M」を2台使用し、コントローラーなどを一体化したシステムとなっている。IJ1001Mは、ソニー製のオリビン型リン酸鉄リチウムイオン蓄電池を使用している。

 電池の容量は最大2.4kWh。消費電力100WのデスクトップPC1台なら24時間、10台なら2.4時間動作させることができる。

 充電はAC100Vで行なう。消費電力は最大1,500Wで、充電時間は約2時間(95%充電、無負荷時)。接続している機器の負荷が大きく、充電時間がかかる場合は、もう1本AC100Vを接続することで充電時間を短縮できる。

 出力は1,000VAで、AC100Vコンセントが6口用意される。電源出力の波形は正弦波。出力周波数は設置時に設定できるが、通常は入力と同じ周波数に設定される。

監視パネル。モード切替やタイマー設定など、指定できる範囲が広い 本体背面に2つのAC入力と6つのAC出力がある 2つめのAC入力用のケーブル。入力を2系統にすると負荷のある状態でも充電時間が長くならない
AC入力を切った状態でも、左のテレビとパソコンはそのまま動作していた AC入力が切れた状態では、監視パネルに消費電力とバッテリの残り時間が表示される 移動用キャスターと固定用の足が両方装備されている

 本体サイズは490×750×610mm、重量は約90kg。本体下にはキャスターが装備されており、フロア内程度は移動できる。

 販売は、企業向けのBtoB販売を行なう、ソニービジネスソリューション株式会社が担当する。発売は9月で、出荷も9月上旬を目指している。今年度内に300セットの販売を見込んでいる。

 以下、プレゼンテーションの流れに沿って、写真を中心に解説する。

東日本大震災以来、企業の意識は大きく変わった 企業/法人向けなので、サポートも重視している 10年以上使える長寿命と、鉛蓄電池の5〜10倍の急速充電が特徴
企業/法人向けに、製品とソリューションの2つの形で蓄電システムを提供する 保守サービスは最長8年まで用意される。なお、減価償却の法定耐用年数は6年 ESSP-2000の主な仕様。動作温度/湿度はオフィス環境を想定している
UPS、ピークシフト、バックアップの3つのモードが用意される。UPSモードは常時インバーター給電、バックアップモードは切替に20msecかかる コンセントと電気を使用する機器の間に設置する 一般的なオフィス以外に、医療、教育などの分野でも需要があるとされている。ソニーが得意とする放送局、映像製作などでも需要がありそうだ





(伊達 浩二)

2011年8月8日 17:15