記事検索
最新ニュース

東芝、“オーバルデザイン”でコンパクトなエコキュート


 東芝キヤリアは、狭小スペースにも設置できるエコキュート「東芝エコキュート ESTIA(エスティア) オーバルスリム(薄型タイプ)」を、4月27日に発売した。希望小売価格は874,650円。

ESTIA オーバルスリム(薄型タイプ) 貯湯タンクユニット ヒートポンプユニット(室外機)

 2〜4人家族向けのエコキュートで、貯湯ユニットのデザインを、丸みを帯びたオーバルデザインとした点が特徴。圧迫感を抑えたデザインのため、エクステリア性を損なうことなく設置できるという。

 また、幅を435mm、奥行きを1,000mmというスリムなデザインに変更。今まで設置が難しかった狭い場所にも設置できるという。
スリムな“オーバルデザイン”を採用。丸みを帯びたデザインで、エクステリア性を損なうことがないという

 さらに、お湯を効率的に制御する「3Wayリターン」という機能も採用した。これは、熱ロスが発生しにくいよう、温度に応じて、お湯を貯湯タンク内の2つのタンクに振り分けて保温するというもの。給湯時には、2つのタンク温度を検知し、温度に応じてバランス良く出湯することで、年間で約23%の省エネが実現するとしている。

 このほか、従来モデルに引き続いて、銀イオンの発生ユニットも搭載。お風呂のニオイや浴槽のヌメリの発生を抑制するため、家族全員が入浴し終わるまで快適に入浴できるという。また、残り湯を洗い場や壁面、カラン(水栓器具)に掛けることで、浴室内のイヤなニオイやヌメリも付きにくくなるという。残り湯は洗濯などの生活水にも利用できるという。

 リモコンには、入浴時の給湯使用量をリモコンにリアルタイムで表示する「給湯量ナビ」を用意。家族それぞれの使用量がチェックできるため、省エネ意識の向上に利用できる。

貯湯する温度と場所をコントロールする「3wayリターン」機構を採用。年間約23%の省エネが実現できるという
銀イオンの発生ユニットを搭載。家族全員が快適に入浴できるという 銀イオンにより、細菌が発生しにくいという
浴室に設置されるリモコン 浴室用リモコンには、使用者それぞれの給湯量がチェックできる「給湯量ナビ」も搭載

 貯湯タンクユニットのサイズは435×1,000×2,060mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約88kg。タンク容量は370L。最高使用圧力は190kPa。温度は30〜48℃まで1℃単位で設定できるほか、50℃、60℃も設定可。ヒートポンプユニットのサイズは820×320×172mm(同)で、重量は約60kg。運転音は通常は38dBで、冬期は44dB。APFは3.0。



(正藤 慶一)

2010年4月28日 17:53