記事検索
最新ニュース

セイコー、二度寝のまどろみが楽しめる目覚まし時計「マドローム」

マドローム QM744B

 セイコークロックは、二度寝のまどろみが楽しめる目覚まし時計「マドローム QM744B」を2月中旬より発売する。希望小売価格は7,350円。

 同社によると、目覚まし時計のスヌーズ機能を利用して、二度寝を楽しむというユーザーが多いという。、マドローム QM744Bは、これらの声を受けて「楽しいまどろみの時間を過ごして、本当に起きたい時間には心地よく目覚める」ことをコンセプトとした目覚まし時計だとする。

 本体には、本当に起きたい時間までの“まどろみ”時間を0分、10分、20分から選択できる「マドロームセレクト」が搭載される。設定した時間に応じて、まず「まどろみ音」が感覚をおいて鳴り、そのあと「お目覚め音」が鳴るという仕組み。

 まどろみ音が鳴る回数は、マドロームセレクトの選択時間によって異なり、0分では無し、10分では3回、20分では5回となっている。まどろみ音はアジアンリゾートを意識した、波の音、カリンバ、鳥の鳴き声の3種類が一定間隔を置いて鳴る。お目覚め音はガムラン調の民族音楽。

まどろみ音の種類と音が鳴る間隔

 そのほか、目覚まし時計の機能としては、約5分間でアラームが自動的に止まる「アラームオートストップ」機能、スヌーズ機能などを備える。

 本体はリゾートらしさを意識した木目調のデザインで、よりクリアな音が再現できるように、上部には直径50mmの大型スピーカーを備える。スヌーズボタンを押すと文字盤を照らすライトも搭載される。

スヌーズボタンを押すと文字盤を照らすライトが点灯する 本体上部には目覚まし時計としては大きめのスピーカーを搭載する

 本体サイズは155×92×111mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約400g。電源は単三アルカリ電池3本で、電池寿命は約1年。





(阿部 夏子)

2010年2月4日 13:18

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.