やじうまミニレビュー

サンマをパリパリ、ふっくらに仕上げる“調理用シート”

やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです
アートナップ「ヘルシー調理用シート」

 おうちで焼き魚、どうしていますか〜? 最新のオーブンレンジ、魚焼きグリル、オーブントースターなど、色々方法はありますが、どれも後片付けが面倒ですよね。

 最近では、レンジで焼き魚が作れるアイテムも増えてきましたが、焼き魚はやっぱり焦げ目がついていて、中がふっくらジューシー! というのが私好み。そこで、愛用しているのが、アートナップの「ヘルシー調理用シート」です。

メーカー名 アートナップ
製品名 ヘルシー調理用シート
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 492円
直径約18cm。20〜22cmのフライパンにぴったり
フライパンに敷くだけ
2.5cmの立ち上がりがあるので、油や煮汁がこぼれない

フライパンで、サンマの塩焼き♪

中火で5分。黄身が固まった頃、返してみた。このとおりおいしそうにできました

 フライパンに敷くだけで簡単に使えるというこのシート。シリコーン樹脂加工がしてあるから、料理がきれいにはがれて、型崩れしないそうです。最初に作ったのは焼き魚ではなく、目玉焼き。定番の目玉焼きを作ってみれば、火の通り加減やくっ付き具合なんかをテストできると思ったからです。

 結果は大成功! 白身、黄身にきちんと火が入り、おいしくできました!

 続いて、本命の焼き魚です。今回試したのは、サンマですが、サンマを焼くと脂とともに、焼いている最中の煙も気になります。それが、フライパンで焼くと、煙が驚くほど少ないんです。もちろん、換気扇はつけましたが、キッチンにニオイがこもることもありませんでした。焼き時間は、両面合わせて10〜12分ほど。ガスコンロと比べても時間がかからない点が嬉しいです。

 仕上がりも大満足。表面に焦げ目がついて、外はパリパリ、中はふっくら! おいしくいただきました。

サンマを半分に切って塩を振って5分おいたものを、フライパンにシートを敷いて点火
最初に6分ほど、焼いてから、裏返してさらに4〜5分焼く。中まで火が通ったら完成!
少し気になったので、フライパンのフチを使って背の部分を焼いた。

たかがシート、されどシート。くっつかないから、ストレスゼロ(^^♪

 西京焼きを焼いていて、気づいたら真っ黒! なんて経験はありません? 私は、あります! でも、「ヘルシー調理用シート」を使えばそんな心配はありません。

焦げやすい魚料理1といえば、西京焼きでしょう。
片面弱火で約3分。フタをしても上手に焼ける
調理後、フライパンもきれい!
お正月に食べる機会の多いお餅も、フライパンで焼けちゃいます
膨らんでも、シートにはくっ付きません

 このシート。立ち上がって折り返しのある立体構造が予想以上に便利。立ち上がりのない1枚の紙だったら、焦げ付きやくっ付きは防止できるけど、油や汁は流れ出てしまう。それが、シートに約2.5cmの高さがあるから、油も汁もフライパンにこぼれ出ることがありません。この立体構造の高さは、調理中の安心感にもつながりました。

油なしで調理できるからカロリーダウンでヘルシー !!

 今回調理した焼き魚、目玉焼き、焼き餅……いずれも、油を一切使っていません。ヘルシーだし、くっ付かないから、料理の型崩れがない。

 我が家ではフライパンを使った調理が多いので、1年に1度はフライパンを買い替えてきました。このシートを使って調理したら、フライパンがもっと長持ちするはず。年末フライパンを買い替える人は、一緒にこのシートもいかがでしょう?

(森 あつこ)