ニュース

ティファール、従来の3倍長持ちする「チタンコーティング」のフライパン

強靱なチタン素材を配合したコーティングを施したフライパン

 グループセブ ジャパンは、強靱なチタン素材を配合したコーティングを施した調理器具シリーズを発売する。IH対応、ガス対応がそれぞれ用意されるほか、フライパンやソースパンなどのラインナップが展開される。

 ティファール創立60周年を記念した特別モデル。ティファールは、世界で初めてフッ素樹脂をコーティングした「こびりつかない」フライパンを作った会社で、1956年にフランスで創立された。それから60年、現在ではフライパンや圧力鍋など調理器具の売上が世界でNo.1を獲得するなど、グローバルで成長を遂げている。

 新製品は、創立60周年を記念し、大幅なモデルチェンジを行なった。独自の「チタン」コーティングを施し耐久性を更に高めたほか、適温を表す「お知らせマーク」のデザインも一新した。

 製品開発においては様々な実証試験を行なった。金属ヘラによる傷つきにくさのテストや、ミルクやパンケーキを使って行なうこびりつきにくさのテスト、さらに、固いパットによる摩擦に対する強度のテストなど、様々なテストをパスしており、従来の同社製品に比べ、3倍長持ちすることが立証されたという。

社内で行なわれた金属ヘラによる傷つきにくさのテスト
固いパットによる摩擦に対する強度のテスト
高温に熱した調理器具を冷水につけるテスト。急激な温度変化に耐え、熱変形しないかどうかをチェックする

 また、フライパンが180〜200℃に達したことを表す「お知らせマーク」のデザインを一新した。これはティファール独自の機能で、食材を投入するベストなタイミングを目で見て確認できる点が特徴。

フライパンが180〜200℃に達したことを表す「お知らせマーク」のデザインを一新した
ベストなタイミングで食材を投入することで、仕上がりにも大きな差が出る

 そのほか、会場では転倒流水防止機能を搭載した電気ケトルや、衣類をハンガーに掛けたまま使えるガーメントスチーマーなどの新製品が展示されていた。

新製品の電気ケトル「ラシュレエージー・プラス ロック 0.8L」。希望小売価格は8,000円(税抜)。カラーは2色展開
本体上部。給湯ロック付きでこぼれにくい設計
ふたは取り外し可能で、お手入れしやすい
アイロンやスチーマーの新モデルも展示されていた
衣類をハンガーに掛けたまま使えるガーメントスチーマー。希望小売価格は20,800円(税抜)

(阿部 夏子)