ニュース

昭和シェル、ガソリンが10円/L安くなる新電気料金プラン「ドライバーズプラン」

 昭和シェル石油株式会社は、東京電力エリアの一般家庭向け電気料金プランとして「ガソリンが10円/L安くなる電気(名称:ドライバーズプラン)」を4月1日より発売する。同社系列のサービスステーションのほか、WEBサイトなどで3月1日より申し込み受付を開始する。

東京電力エリアの一般家庭向け電気料金プランとして「ガソリンが10円/L安くなる電気(名称:ドライバーズプラン)」を4月1日より発売
WEBサイトのほか、昭和シェル系列のサービスステーションでも申し込み可能

 4月1日から開始する電力自由化を見据えた電気料金プラン。ドライバーズプラン契約時に登録したクレジットカード(昭和シェル石油以外のカードでも登録可能)で、東京電力エリアの同社系列サービスステーションで給油代金を支払うとガソリン(レギュラー・ハイオク)10円/L、軽油5円/Lが割り引かれるというもの。値引きの上限は月100Lまで。現金の支払い時でもPontaカードによる割引を利用できる。

 また、月間600kWh以上電気を使用する場合、電気代が1kWhあったり1円引きになるなど、電気もお得に利用できるとしている。

 同社の試算(2016年1月時点の東京電力従量電灯B・Cの料金と比較した場合)によると、3〜4人家族で月間の電気使用量400kWhの家族の場合、電気代の割引はないが、ガソリン代は年間最大12,000円得になる。また、4〜5人家族で月間電気使用量700kWhの場合、電気代は年間8,400円、ガソリン代年間最大12,000円、年間合計20,400円得になるとしている。

 さらに自宅が商店兼住宅などで、月間電気使用量が1,000kWhの場合、電気代は年間12,000円、ガソリン代が年間最大12,000円、合計で24,000円得になるとしている。

同社の試算モデル

 ドライバーズプランの詳細は、特設WEBサイトで確認できる。

 昭和シェル石油グループでは、天然ガスを燃料とした扇島パワーステーション、再生可能エネルギーであるバイオマスを燃料とした京浜バイオマスパワーなどの発電所を保有。今後も、エネルギーの安全、安定供給を通事、豊かな社会の発展に貢献するとしている。

昭和シェル石油グループで保有する発電所。左から扇島パワーステーション、京浜バイオマスパワー

(阿部 夏子)