ニュース

世界最大の水上設置型メガソーラー、千葉県・山倉ダムに建設開始

 京セラTCLソーラーは、千葉県市原市にある山倉ダムにおいて、水上設置型として世界最大となる約13.7MWの太陽光発電所「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の建設を開始し、本日1月21日に安全祈願祭を執り行なったことを発表した。

千葉・山倉水上メガソーラー発電所(完成予想図)
本日執り行なわれた安全祈願祭

 千葉県企業庁が管理する工業用水専用の山倉ダムの水面約180,000平方mを利用し、京セラ製太陽電池モジュール約51,000枚を設置する水上設置型のメガソーラー。2017年度中の稼働開始を予定している。年間予想発電量は約1,617万kWh(一般家庭約4,970世帯分の年間電力消費量に相当)で、年間約8,170tのCO2削減に貢献する見込みだという。

 今回の発電事業は、千葉県企業庁が地球環境の負荷軽減などを目的に2014年10月に公募したもの。発電所の建設・運営にあたっては、ダムを水源としている受水企業や地域住民の協力を得るとともに、近隣の小学校にて環境出前授業をするなど、環境学習にも役立てていくという。

 京セラTCL ソーラーでは、全国で太陽光発電所の建設が進み、事業用地が減少していく中、ダムやため池などの水上設置型に注目、これまでに兵庫県加東市や、兵庫県加西市での竣工、運営を開始している。今後も、水上ソーラー発電所の施工や維持管理に関する技術、ノウハウの蓄積を図っていくとともに、引き続きソーラー発電所の導入を積極的に推進していくとしている。

(阿部 夏子)