ニュース

ブラック&デッカー、土ほぐしや除草に使いやすい「コード式 ミニ耕運・除草機」

コード式 ミニ耕運・除草機 ACL100

 ブラック・アンド・デッカーは、家庭菜園の土ほぐしや除草に適した「コード式 ミニ耕運・除草機 ACL100」を2月上旬に発売する。参考価格は16,000円前後(税込)。

 均一に土をほぐせるミニ耕運・除草機。2つのブレードが280回/分の速度で反復回転しながら、土をほぐす独自の方式を採用している。鍬などの手作業に比べて、塊の少ない均一な土ほぐしを可能にする。一般的なロータリー式よりも根の絡みが少なく、小型設計でピンポイントでの除草作業にも最適だという。

 コード式のため、従来の充電式タイプの約2倍となる長さ15cmのブレードと、高出力モーターを採用している。これにより、耕運できる深さが約2倍になり、じゃがいもや大根などの根菜類の栽培や、広さ10坪ほどの広めの菜園にも対応する。根から掘り起こせるため、除草能力も高まったとしている。

2つのブレードが反復回転する
塊が少なく、均一に土をほぐせる
除草にも適している

 本体は、重さ4.5kgのコンパクトなデザインで、初心者にも使いやすい。園芸市場は、シニア世代や女性層などを中心に堅調に推移している。同社では製品ラインナップを拡充することで、幅広いマーケットでの市場獲得を図るという。

 サイズは、340×230×1,370〜1,570mm(幅×奥行き×高さ)。消費電力は200W。コード長は10m。ブレード2枚が付属する。

(西村 夢音)