ニュース

ビートラスト、ソケットに挿すだけで使える電球型見守りカメラ

電球型ライブカメラ「iBULB SCOPE(アイバルブスコープ)」

 ビートラストは、ソケットに挿すだけでリアルタイム映像をスマートフォンで確認できる、電球型ライブカメラ「iBULB SCOPE(アイバルブスコープ)」を発売。価格はオープンプライスで、予想実勢価格は23,000円(税抜)。

 カメラを内蔵した、Wi-Fi対応のネットワークカメラ。E26口金の電球ソケットに挿すだけで、簡単に取り付けられるのが特徴。配線工事が不要なのでペットや幼児、高齢者の見守りにはもちろん、店舗や事務所などの防犯補助やカメラ監視にも使えるという。

iBULB SCOPEを設置したところ
Wi-Fiとつなげれば、リアルタイム映像をどこからでもスマホで確認できる
ペットの見守りはもちろん、店舗の防犯カメラとしても使える

 Wi-Fiと接続すれば、スマートフォンでいつでも撮影映像が確認できる。また、1つのスマートフォンで、最大10台のカメラを切り替えて確認可能。赤外線ライトを内蔵し、暗い場所や夜間でも映像が確認できるほか、動体検知機能を搭載。カメラの画角内に動く被写体が現れた場合に、スマートフォンに知らせる機能を持つ。

 本体サイズは、61×161mm(直径×高さ)で、重さは約140g。撮像素子には、1/4インチの100万画素のCMOSセンサーを採用。解像度はVGA(640×480)またはHD(1280×720)。動画はAVI、静止画はJPEGで記録。

 映像はMicroSDカード(最大32GB)に記録。32GBのMicroSDカードを使用し、VGAで録画した場合は、約290時間(およそ12日間)、HDの場合は約72時間(3日間)記録できる。画角は水平85度、垂直51度で、水平330度、垂直90度の角度調整が可能だ。

(河原塚 英信)