ニュース

パナソニック、省エネ法2017年度目標基準値を達成した「LED電球プレミア」

LED電球プレミア「LDA5L-G/Z40E/S/W」

 パナソニックは、省エネ法2017年度目標基準値を達成した、「LED電球プレミア(全方向タイプ)」6機種を10月21日に発売する。電球40形相当3機種(電球色/昼白色/昼光色)、電球60形相当3機種(同)が用意される。希望小売価格はオープンプライス。店頭予想価格は、順に1,500円前後、2,500円前後(税抜)。

 E26口金のLED電球。LEDから発生した熱をより効率的に放熱することができる独自の「一体成型ヒートシンク」の採用により、省エネ法2017年度目標基準値を達成した。

 LEDモジュールが取り付けられるモジュールプレートとヒートシンクを一体化し、継ぎ目のないひとつのヒートシンクとすることで、熱伝導のロスを抑制し、LEDモジュールから発生する熱をより効率的に口金方向へ逃がすことに成功。従来品に比べ、省エネ性が約36%向上したという。

一体成型ヒートシンク

 従来のLED電球は断熱材が施行された天井に取り付けられた照明器具では、放熱が妨げられ使用できなかったが、「一体成型ヒートシンク」により、LED電球内部の熱を効率的に逃がすことに成功し、断熱材施行器具での使用が可能になった。

 また、演色性を従来品より向上させ、パルック蛍光灯シリーズと同等の水準であるを実現している。

 いずれも本体サイズは、60×112mm(直径×高さ)で、重量は約75g。定格寿命は40,000時間。

(鈴木 恵理)