ニュース

ネスカフェのコーヒーマシン接客スタッフとしてSoftBankのPepperを採用

 ネスレ日本とソフトバンクロボティクスは、ソフトバンクロボティクスのパーソナルロボットPepperを、「ネスカフェ」のコーヒーマシン売り場の接客に活用することを発表した。12月末から日本全国の家電量販店で順次展開していく予定で、2015年末までに1,000店規模を目指す。

「ネスカフェ」のコーヒーマシン売り場の接客にパーソナルロボットPepperを活用する
コーヒーマシン接客用のPepperは、ネスカフェ専用のアプリケーションが搭載されており、コーヒーマシンの説明を行なうほか、ニーズにあった製品を提案することもできる

 Pepperは、周囲の状況を把握して自律的に判断し行動する、独自のアルゴリズムが搭載された世界初の感情認識パーソナルロボット。人の表情と声のトーンを分析して、人の感情を推定するなど、人とのコミュニケーションに特化した機能とインターフェイスを備える。すでにソフトバンクショップのクルーとして活用されている。

 コーヒーマシン接客用のPepperは、ネスカフェ専用のアプリケーションが搭載されており、コーヒーマシンの説明を行なうほか、ユーザーのニーズを把握し、そのニーズにあった製品を提案することもできるという。

 ネスカフェは、専用カプセルを用いた「ネスカフェ ドルチェ グスト」や、専用カートリッジを用いた「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」など、従来のコーヒーメーカーとは違うアプローチの製品を展開する。これまではコーヒー体験のイノベーションを進めてきたが、今後は売り場のイノベーションを進めていくとしている。

 ネスレ日本 代表取締役社長 兼 CEOの高岡 浩三氏は、「このような新しい接客のビジネスモデルが日本発のイノベーションとして全世界へ広がっていくことを期待している」とし、ソフトバンクグループの孫 正義氏も、「気軽にロボットと触れ合える店舗を共に作り広めていくことで、世界中の人々に驚きと笑顔を提供したいと思います」とコメントを寄せている。

(阿部 夏子)