ニュース

コーナン商事、自主回収製品に調理家電や暖房器具など20品目を追加

 コーナン商事は、電気用品安全法が規定する義務を果たしていなかったとして自主回収している電気製品に、20品目を追加した。今回追加された商品を含めて、自主回収商品は85品目となった。

 コーナン商事では、自主回収専用サイトで製品型番を確認し、記載されている窓口へ連絡するよう求めている。

 今回追加された製品は、経済産業省の立入検査において不適切と指摘されたもので、調理家電、暖房器具、テーブルタップ、電動工具など広い分野に及んでいる。

 コーナン商事は、自社が輸入した電気製品について電気用品安全法が定める自主検査などを行なわずにPSEマークを表示するなど、安全性に係る義務を果たしていないことが判明し、5月から該当商品の自主回収を行なっている。また、この件により、経済産業省から改善命令や厳重注意などの行政処分を受けている。

追加商品も含めた自主回収製品一覧

(伊達 浩二)