ニュース

三洋電機製の衣類乾燥機、NECと富士通ブランドも含め48万台をリコール

 三洋電機は、発火に至る事故が3件起きたとして、同社が製造した衣類乾燥機48万台をリコールする。対象機種のユーザーには使用停止を呼びかけ、無料で点検、修理を実施する。

 対象は、1994年5月から2011年11月に製造し、日本国内で販売した電気衣類乾燥機14機種、計480,043台。SANYOブランドだけでなく、日本電気ホームエレクトロニクスが販売したNECブランドと、富士通ゼネラルが販売したFUJITSUブランドの機種も含まれる。同社では「同一構造の電気衣類乾燥機について、拡大被害が発生する可能性がある」ため、リコールに至ったとしている。

ブランド名、品番は全面パネルの左右どちらかに表示されているという

 三洋電機によると、2010年10月以降、3件の発煙発火事故が起きた。いずれも人的被害はないという。

 事故の原因として、脱水不足の衣類を投入した際や手入れをする際に、前面パネルと操作パネルのつなぎ目から制御基板部に水分が浸入する可能性があることが判明。これにより、まれに基盤内の電極間でトラッキング現象が発生し、リレー部の発煙発火や、パネル部へ延焼する恐れがあるという。

 修理では、リレー部への水の浸入を防ぐため、制御基板上部に防水板を取り付ける。

制御基板部に水分が浸入して、トラッキング現象が起きたのが原因という

 点検、修理の申し込みは、ホームページかフリーダイヤルで受け付ける。

【対象機種および台数】
ブランド 形状 品番 製造期間 台数
SANYO 角型 CD-45A2 1994年5月〜1996年8月 88,970台
SANYO 角型 CD-45Z2 1996年8月〜1998年6月 27,288台
SANYO 角型 CD-50D1 1997年7月〜1998年8月 25,406台
SANYO 角型 CD-502 1997年7月〜2001年4月 1,142台
SANYO 角型 CD-42D1 1998年2月〜2001年7月 47,939台
SANYO 角型 CD-S50A 1998年8月〜1999年8月 21,744台
SANYO ドーム型 CD-S500 1999年7月〜2001年1月 20,465台
SANYO ドーム型 CD-EC521 2000年7月〜2002年8月 19,608台
SANYO ドーム型 CD-S451 2001年4月〜2011年11月 128,506台
SANYO ドーム型 CD-EC551 2001年7月〜2006年10月 44,286台
SANYO ドーム型 CD-ST60 2005年5月〜2011年11月 47,289台
NEC 角型 HD-45ZC 1994年9月〜1996年8月 4,750台
NEC 角型 HD-45ZE 1996年10月〜1997年6月 2,150台
FUJITSU 角型 HL-42D 1998年5月〜2000年3月 500台

(小林 樹)