ニュース

消費電力と電気料金を自動表示する電源タップ

ワットモニター付きコンセントタップ 700-TP212DW

 サンワサプライは、電気の見える化を実現する「ワットモニター付きコンセントタップ 700-TP212DW」を発売した。直販サイト限定で価格は2,362円(税抜)。

 700-TP212DWは、消費電力、積算電力量、積算電気料金、電気料金を表示するコンセントタップ。コンセントに差し込むだけで、消費電力から電気料金までの数値を順に、4秒ごとに切り替えながら自動で表示する。

 3個の差し込み口を搭載しており、複数の機器を差した場合は合計値を計測できる。コンセントからこの製品を抜くことで、自動的にデータが初期化される。電気料金の設定は22円/kWhで変更できない。

 安全面では、プラグとコンセントの接触部分に付着したほこりが、湿気を帯びて漏電・発火するトラッキングを防ぐ「ほこり防止シャッター」や、消費電力が1,500Wを超えるとブザーと画面表示で知らせる「安全ブザー」を備える。

 本体サイズは65×22×128mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約115g。

差し込み口は、正面に2個、底面に1個の合計3個を搭載。それぞれほこり防止シャッターを備える
プラグは背面に備える
消費電力、積算電力量、積算電気料金、電気料金の順に数値を表示する

(中野 信二)