ニュース

パナソニック、スマホが子機になるコードレス電話機

〜専用アプリと無線LANでネットワーク

コードレス電話機「VE-GDW03DL」

 パナソニックは、スマートフォンを子機として登録できるコードレス電話機「VE-GDW03DL」を11月14日に発売する。価格はオープンプライス、店頭予想価格は15,000円前後。

 無線LANに対応した固定回線用電話機で、手持ちのスマートフォンに専用アプリ「スマートフォンコネクト for GDW03」をインストールすることで、子機として登録できる。スマートフォンを子機として登録できるコードレス電話機は業界初としている。

 登録できるスマートフォンは、最大4台。対応するスマートフォンは、Andoroid 4.0以降およびiOS 5.0以降の製品。通話口のないタブレットの場合は、スピーカーホン通話となる。

 固定電話回線への着信をスマートフォンで受信できるほか、スマートフォンから固定電話回線を使用して電話を発信することもできる。発信時には、スマートフォンの電話帳で相手先を選び、固定回線を使用することもできる。

固定回線への着信をスマホで受けて、通話できる
発信時。スマホから固定回線を使って電話できる
本体にスマホが置けるスタンドが内蔵されている。スタンドの裏には充電用のUSB端子があり、ケーブルをつなぐことでスマホの充電ができる

 また、電話機本体にはスマートフォンが置けるスタンドおよび充電用のUSB端子を備える。USB端子は、スマートフォンの急速充電には対応していない。

 対応する無線LANは、IEEE 802.11b/g/n。対応する固定回線は、電話回線(ダイヤル/プッシュ)および新電電(NCC)。

 親機の本体サイズは90×148×150mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約275g。本体色はホワイトのみ。子機は、165×48×25mm(同)、約135g。

(伊達 浩二)