ニュース

パナソニック、親機の受話器もコードレスの電話機

 パナソニックは、親機の受話器がコードレスで使いやすい電話機「VE-GD53シリーズ」を6月13日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は子機無しの「VE-GD53D」が13,000円前後、子機1台の「VE-GD53DL」が18,000円前後、子機2台の「VE-GD53DW」が26,000円前後。

子機1台が付いた「VE-GD53DL」。左からシャンパンゴールドとホワイト
受話子機がコードレスで取り次ぎに便利

 親機の受話器をコードレス化した電話機。親機の近くでは通常の受話器として、親機から離れた場所では子機のように使える点が特徴。受話器を持ったまま移動でき、取り次ぎも楽という。

 受話器のバッテリーには容量650mAhのニッケル水素電池を搭載し、受話器を親機にセットしている間に充電される。充電時間は約10時間で、連続通話時間は約5時間、待受時間は約150時間。

 使い勝手の面では、親機と受話子機、子機の全てに、ホワイトバックライト液晶を採用した。受話子機の液晶サイズは、約1.8型、子機は約2.1型と大型で、見やすさを重視した。いずれも漢字表示を採用している。

 また、親機には着信を光って知らせる「光るLEDアンテナ」を搭載。着信音が聞こえにくい状況でも目で見て確認できるという。

文字も大きく読みやすいという
着信をアンテナが光って知らせる

 このほか機能面では、同社の発売する窓センサー「KX-FSD10」やドアセンサー「ECID20A」と連携可能。これらの機器を設置した窓やドアが開くと、親機と子機が報知音と表示で知らせる。家の安全を見守るホームセーフティとして使用できるという。

 親機のサイズは156×184×79mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は約540g。消費電力は待機時で約1W。最大時で約3.3W。受話子機のサイズは48×34×171mm(同)。本体重量は約160g。カラーは、子機無しの「VE-GD53D」と子機1台の「VE-GD53DL」がホワイトとシャンパンゴールド、子機2台の「VE-GD53DW」がホワイトを用意される。

シンプルで見やすい電話機「VE-GD23シリーズ」

VE-GD23DL

 同時に、親機の受話器にコードが付いたシンプルな電話機「VE-GD23シリーズ」も発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は子機1台の「VE-GD23DL」が8,000円前後。子機2台の「VE-GD23DW」が17,000円前後。カラーはホワイトのみ。

(小林 樹)