ニュース

ソニー、最大3.6A出力できる大容量モバイルバッテリー

〜4色カラバリのスティック型も同時発売

 ソニーは、モバイルバッテリー2機種を4月20日に発売する。価格はオープンプライス。

「CP-F10LSAVP」
パッケージ
本体は薄い。2つのUSBポートを持っている

 「CP-F10LSAVP」は、薄型軽量ながら、大容量高出力のリチウムイオンポリマー電池。店頭予想価格は9,000円。

 容量が10,000mAhと大きく、スマートフォン4回分の充電ができるとしている。また、USB出力ポートを2個備え、2ポート合計で最大5V/3.6Aの出力ができる。これにより、スマートフォンやタブレットの2台同時充電に対応する。連続出力時間は約100分。

 充電はUSBポート経由で約23時間、付属のACアダプター経由で約7時間。繰り返し充電回数は約1,000回。

 本体は薄い板状のデザインで、素材はアルミ。4段階の電池残量表示を備える。

 本体サイズは70.4×130.6×16.5mm、重量は約260g。ACアダプターは41.0×61.0×26.0mm(同)、重量は約53g。

「CP-VLSVP」
天面は平たい
4色のカラーバリエーションがある。左からブラック/ホワイト/ピンク/オレンジ

 「CP-VLSVP」は、スティック型のコンパクトな筐体。ブラック/ホワイト/ピンク/オレンジの4色のバリエーションが用意される。店頭予想価格は各1,700円前後。

 1,400mAhのリチウムイオンポリマー電池を内蔵し、スマートフォンを約50%充電できる。4段階の電池残量表示を備える。

 繰り返し使用回数は約500回。USB出力ポートは1つで、最大出力は5V/1.0A。連続出力時間は約40分。USBポート経由の充電時間は約3時間。

 本体サイズは36.9×121.0×15.9mm、重量は約62g。

(伊達 浩二)