ニュース

HARIO、コーヒーのドリップ量と抽出時間を同時に計測するクッキングスケール

V60ドリップスケール

 HARIOは、コーヒーの抽出量と抽出時間を同時に計測するクッキングスケール「V60ドリップスケール」を発売した。希望小売価格は5,250円。

 重さと同時に、タイマー機能で時間も計測できるデジタルクッキングスケール。同社によると、おいしいドリップコーヒーを淹れるためには、豆とお湯の「量」と、蒸らしや抽出のための「時間」が重要という。本製品を使うことで、抽出量と蒸らし時間、抽出時間が同時にはかれるため、いつでも安定した抽出ができるという。

 本体には、画面右側に重さ、左側に時間を表示するモニターが備えられている。重さは容器の重さを差し引く風袋引き機能を搭載。タイマーは本体左側のボタンを押してスタートする。

 本体サイズは120×190×29mm(幅×奥行き×高さ)。計量範囲は2〜2,000gで、表示単位は200gまで0.1g単位、200〜500gは0.5g単位、500〜2,000gは1g単位。計測時間は99分59秒まで。電源は単四形乾電池2本で、購入時に同梱される。約5分間のオートオフ機能も備える。

V60ドリップステーションと併せて使用しているところ

 別売りのオプション品として、ドリッパーが置けるスタンド「V60ドリップステーション」も発売している。希望小売価格は5,250円。V60ドリップスケール本体にセットして使用する。

(正藤 慶一)