記事検索
最新ニュース

三菱地所レジデンス、ルンバが働きやすい“ルンバブル”なマンション

〜渋谷駅前に誕生。モデルルーム公開中
ルンバの充電兼収納スペースを確保した「ルンバ対応型モデルルーム」

 三菱地所レジデンスは、お掃除ロボット「ルンバ」の日本総代理店のセールス・オンデマンド社とコラボして、ルンバの使い勝手を考慮したマンションのモデルルーム「ルンバ対応型モデルルーム」を表参道にオープンした。一般公開は10月6日からで、予約制となる。

 「ルンバ対応型モデルルーム」は、三菱地所レジデンスが単身者やDINKS向けに開発した、渋谷駅にほど近いタワーマンション「ザ・パークハウス 渋谷美竹」のモデルルームとして開設された。

 同モデルルームのコンセプトは、ルンバが掃除しやすい環境“ルンバブル(Roomba+Able)”であること。米国のアイロボット社が開発したお掃除ロボット「ルンバ」の操作性を考慮し、室内にルンバの充電兼収納スペースを確保した点が特徴。家具には、ルンバが掃除しやすいよう、足の高いソファやベッドを配置したほか、毛足が短いカーペットも配置した。さらに部屋と部屋の間や、部屋と廊下の間には敷居がなく、フラットな設計としている。

 マンションの購入者は、モデルルーム同様の家具をオプションで注文できる。アイロボット社では、マンションデベロッパーとコラボレーションした取り組みを“世界初”としている。

棚の下に、ルンバの収納スペースを用意。掃除中以外は邪魔にならず、存在感を潜めている ACアダプタを接続するコンセントも配備されている 充電台の様子
掃除を開始すると、充電台から勢いよく部屋に進出 足の高いソファなら、ルンバがラクラク入れる 毛足の短いカーペットはルンバが掃除しやすいという

 「ルンバ対応型モデルルーム」の企画は、三菱地所レジデンスクラブの会報誌でルンバを取り上げた際に、スタッフ同士の何気ない会話から生まれた。掃除の手間を減らし、自由な時間を作るルンバと、駅から近くて利便性の高い「ザ・パークハウス 渋谷美竹」は、忙しい都会に暮らす人向けという点で通じているという。今回のモデルルームの評判次第では、ほかのモデルルームにもルンバ対応タイプの導入を検討するという。

テーブルの下などの狭い隙間にも入っていく 窓際のカーテンの下、ほこりの溜まりやすいスペースを掃除
棚の下にも入り込み、壁に沿って進む 部屋と部屋の間や、部屋と廊下の間には一部ドアはあれど、全体的には敷居がなくフラットな設計

 モデルルームは10月6日から公開で、見学の申し込みを受け付けているが、既に650件以上の問い合わせがあり、好評を得ているという。

 モデルルームの営業時間は10時から18時。水、木曜日定休。

 ザ・パークハウス 渋谷美竹の建設地は、東京都渋谷区渋谷1丁目17番10。鉄筋コンクリート造で、地上18階地下1階建。住戸数は分譲と賃貸合わせて112戸。間取りは1DK〜2LDK。住戸面積は32.19〜64.23u。予定取引価格帯は2,900万円台〜6,200万円台。第一期販売開始は2012年11月下旬から。竣工は2014年2月上旬、引渡しは2014年3月下旬を予定している。

マンション外観のイメージ 公開されたのは、1LDKタイプの部屋。カウンターキッチンとダイニング ベッドルーム
洗面所とバスルームは、DINKSや単身者向けの部屋としては広めの作りとなっている 丸みを帯びたバスタブ トイレ





(小林 樹)

2012年10月5日 14:47