記事検索
最新ニュース

富士工業、焼肉や鍋の煙を吸い込む照明器具「クーキレイ」

〜料理の油や臭いをフィルターで捕集
「クーキレイ C-LC501-W」

 富士工業は、調理中に発生する煙や油を吸い取るダイニング照明「クーキレイ」3機種を、9月6日より順次発売する。価格は、77,700円〜94,500円。

 セードと蛍光灯、換気機能が一体となった、ダイニング用のペンダント(天吊式)照明。部屋を照らしながら、煙や油を効率よく吸い取る換気機能を採用した点が特徴。

 換気機能では、脱煙、脱油、脱臭を行なうために、本体内に独自の4層フィルターを搭載した。本体下部の吸気口から吸い込まれた空気は、油を捕獲する樹脂素材の「プレフィルター」、さらに細かい油を吸着する不織布素材の「脱脂フィルター」、煙を除去する準HEPA素材の「脱煙フィルター」、臭いを除去する活性炭素材の「脱臭フィルター」の順に通過し、本体上部のファンからクリーンな空気となって放出される。テーブルの真上で煙を吸い込むため、部屋を汚さず、油煙が染み付かないという。

照明と換気構造、セードが一体化している 「プレフィルター」、「脱脂フィルター」、「脱煙フィルター」、「脱臭フィルター」で油や煙を取り除く キッチン換気扇よりも消費電力は低いが、運転音は大きいようだ

 また、煙の吸込口となる照明カバーの面積を大きくとり、少ない風量でも煙を逃さないようにした。これらにより、煙の捕集効率は90%、油の補集効率は95%、脱臭効率は80%となったという。同社では、焼肉や鍋などの食卓調理に最適としている。

会場では、実際に焼肉を焼いて、煙を吸い込む様子を確認した 脱煙効果をテスト。クーキレイが無いと油煙が部屋に漂っていくが、クーキレイがあると、油煙は真上に吸い込まれていく 調理後の脱煙効果も確認。空気中の煙や油の粒を軽減したという
脱臭効果も確認。焼肉を調理した後の臭いを軽減したという結果が出ている 卓上調理では、部屋に臭いが付くことや、煙が充満したり、油が飛び散ることがデメリットとして挙げられているが、クーキレイではこれらのデメリットを解消したという リモコンでは、照明と換気機能のON/OFFやモード選択ができる

 換気機能では、省エネ性の高いDCモーターを採用した。運転モードは、弱/強/急速モードの3段階で、それぞれ風量は120立方m/h、170立方m/h、200立方m/h。運転音は順に38dB、44dB、47dB、消費電力は順に6W、11W、14W。また、1時間あたりの電気代はそれぞれ0.1円、0.2円、0.3円となっている。

 光源には、インバーター式サークル形スリム蛍光灯(41形)を採用しており、あらかじめ電球色タイプが備え付けられている。点灯モードは「全灯/半灯」を切り替えられる。消費電力は全灯で58W、半灯で44W。

 設置は、引掛けシーリングや引掛けローゼットを使用し、既存の照明に置き換えて取り付けられる。ダクト配管工事は不要。

プレフィルターは、気になった時に拭き掃除する

 メンテナンスは、プレフィルターは交換不要で、脱油フィルターは焼肉2回程度で交換、脱煙フィルターは1年に1回、脱臭フィルターは2年に1回を推奨している。なお、脱煙フィルターと脱臭フィルターは、月1回焼肉した場合。

 別売りの交換用脱油フィルターと脱煙フィルター、脱臭フィルターの希望小売価格はそれぞれ、1,680円、2,940円、3,780円。

 デザインは、シンプルな「LBタイプ」、モダンな「LCタイプ」、和室にも合う「LDタイプ」の3機種。LDタイプでは、シェードの素材として「ホワイト」と「麻入り和紙」が選べる。

C-LC501-W C-LD501-HW C-LB501-W

 C-LB501-Wの本体サイズは最大500×500×750mm。本体重量は4.9kg。操作用のリモコンとリモコンホルダー、交換用脱油フィルター5枚が付属する。

今後は、LED光源タイプも投入する予定

富士工業専務取締役 営業本部 奥山雅士 本部長

 富士工業は、これまでキッチン用換気扇のOEM販売を行なってきたが、今回初めてオリジナルブランド「innoinno(イーノ・イーノ)」を立ち上げた。富士工業専務取締役 営業本部 奥山雅士 本部長は、クーキレイについて「油や煙を気にせずに一家団欒の卓上調理を楽しんでいただきたい。今後は、LEDを使用した省エネタイプなど、順次ラインナップを拡大していく」とコメントした。






(小林 樹)

2012年9月7日 00:00