記事検索
最新ニュース

シャープ、体にやさしく柔らかい風を遠くまで届けるタワー形扇風機

〜高濃度プラズマクラスター放出で“一年中使える”
プラズマクラスタースリムイオンファン PF-ETC1

 シャープは、体にやさしい柔らかな風を送るスリムタワーファン「プラズマクラスタースリムイオンファン PF-ETC1」を、5月15日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は4万円前後。

 本体サイズが240×240×870mm(幅×奥行き×高さ)という、スリムなタワー形の扇風機で、独自の送風システム「エアロダイナミックフォルム」を採用し、柔らかな風を遠くまで届けられる点が特徴となる。


ホワイト ブラック 柔らかな風を遠くまで届ける「エアロダイナミックフォルム」が特徴

 エアロダイナミックフォルムでは、本体下部の送風口から本体前面の吹き出し口までの送風経路を、少しずつ広げる構造となっている。これにより風速が徐々に低下するため、体にやさしく、柔らかな風が送り出せるという。送風ファンは本体下部に内蔵されており、羽根は外に露出しない。ファンの羽根は、トンボの羽根のように凹凸を付けて風をスムーズに流す「ネイチャーウイング」仕様となっている。

 また、風を遠くまで送れるよう、風の吹き出し口の幅を細く絞っている。除菌・脱臭効果のある同社独自のイオン「高濃度プラズマクラスターイオン」を含んだ風も、遠くまで送れるという。

エアロダイナミックフォルムのメカニズム。まず、送風経路を少しずつ広げることで、風速を徐々に抑えて、柔らかな風を送り出す 吹き出し口では、幅を細く絞ることで、柔らかな風を遠くまで届くようにしている
柔らかな風を当てることで、体温を下げずに、皮膚の周りの熱を取り去ることができるという 風向きは身体に直接当てるほか、冬など寒い日には身体に当てないように変更できる プラズマクラスターイオンの濃度は1立方cm当たり25,000cm
 
本体内蔵のファンは、トンボの羽根のようなデザインの「ネイチャーウイング」を採用している 内蔵のファン。本体底部に内蔵されており、直接手に触れることがない

 モーターにはきめ細やかな制御ができるDCモーターを採用し、風量は32段階に調節できる。風向きは上下(上に約60度下に約20度)、左右3通り(約60/約90/約120度)が選択可能。

 運転モードとしては、部屋の温度と湿度を感知して自動で風量をコントロールし、部屋が暗くなると自動で風量を弱める「センサーモード」を搭載。さらに、高濃度プラズマクラスターイオンによる室内清浄モード、衣類脱臭モードも備える。

 本体重量は約4kg。イオン適用床面積は約12畳。オン/オフタイマーは1/2/4/6時間。消費電力は最高が24W、最小が2W。リモコンも付属する。プラズマクラスターイオンの濃度は1立方cm当たり25,000個。本体カラーはブラックとホワイトが用意される。

プラズマクラスターイオンのモードには、「室内清浄モード」と「衣類乾燥モード」が用意される 部屋の温度と湿度を感知して自動でコントロールし、部屋が暗くなると自動で風量を弱める「センサーモード」も搭載 風向きは横方向に約60/90/120度調節可能
本体頂部の操作パネル リモコンも付属する リモコンは本体背面に置ける

操作パネルはタッチパネル方式だ

シャープ 健康・環境システム事業本部プラズマクラスター機器事業部・鈴木隆事業部長

 シャープ 健康・環境システム事業本部プラズマクラスター機器事業部・鈴木隆事業部長は、PF-ETC1を開発した理由について「扇風機の役割は変わってきた。エアコンと一緒に使うことによる『節電』、こもりがちな空気をキレイにする『清潔性』、自分に向けて長時間当たっていられる『快適性』、という3点のニーズがある。このニーズに応えるため、『体にやさしい 柔らかな風を作る』ことにこだわった」と話した。

 鈴木事業部長はさらに、「従来の扇風機と比較するとややジャンルが異なる。リビングに置いて年間使っていただける商品」と、夏以外のオールシーズンで使えることもアピールした。







(正藤 慶一)

2012年4月11日 14:16