記事検索
最新ニュース

スカイツリー近くで10万個のLEDを放流するイベント「東京ホタル」

〜隅田川沿岸で5月5、6日のGW中に開催

 東京ホタル実行委員会は、隅田川に約10万個の太陽光蓄電LEDを放流するイベント「東京ホタルTOKYO HOTARU FESTIVAL 2012」を、5月5日、6日に隅田川沿岸の「隅田川テラス」にて開催する。

 東京都が推進する、隅田川の賑わいを現代に生まれ変わらせる取り組み「墨田川ルネサンス」の一環として、5月22日に開業する東京スカイツリーの麓(ふもと)にある隅田川沿岸(言問橋から吾妻橋の間)で行われるイベント。

イベントイメージ 言問橋から吾妻橋の間の墨田川沿岸エリアで開催される

 期間中は、光を使ったイベントが連日開催され、5日夜には東京芸術大学の学生、近隣の子供たちによる「ひかりの神輿」、6日には隅田川に約10万個の太陽光蓄電LED「いのり星」を放流する「川とツリーが紡ぎだす ひかりのシンフォニー」が行われる。

 いのり星とは、直径85mmのLED光源の光の球。太陽パネルを搭載しているため、発光時の使用電力はゼロとなり、環境負荷の少ない点が特徴。パナソニックが製品提供している。

 イベント時にひかり星を放流する権利は、公式WEBサイトで事前予約販売される。販売価格は1,000円で、販売収益の一部は「NPO法人 水都東京を創る会」などに寄付され、都内の河川環境保全などに役立つという。また、放流したいのり星は、東京ホタル実行委員会が委託した舟運送業者の協力のもと、完全回収される。

 期間中は、昼間も地域住民や親子参加によるアート創作・展示やミニライブ、パフォーマンスなど様々なイベントが予定されているほか、ビアガーデンや屋台、カフェなどの出店も予定されている。

2010年7月に大阪で行われた「いのり星」放流イベント

 なお、河川にLEDを放流する同様のイベントは、2010年7月にも開催されている。その際は、大阪・天満橋付近から約5万個の「いのり星」を放流した。






(阿部 夏子)

2012年4月2日 13:03