記事検索
最新ニュース

ツインバード、内側が空洞の羽根で“心地良い風”を送る扇風機

コアンダエア EF-D945

 ツインバード工業は、羽根の内側を空洞にした“心地良い風”が送れる扇風機「コアンダエア EF-D945」を6月1日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円前後。

 “心地よい風”を再現するために羽根の内側を空洞にした扇風機。羽根の内側を空洞にすることで、外側の気流が引き込まれ、遠くまでムラなく届く直進的な風を作ることができるという。また、そよ風のような微弱の風を再現するために、超低速で羽根を回転させる「ブラシレスDCモーター」を採用。風の強さは、ダイヤル式コントローラーで無段階で調節できる。

 本体の高さは2段階で調節可能。左右60度の首振り機能も備える。本体の高さや角度調節は本体後部の大型ハンドルで行なう。

羽根の内側を空洞にすることで、外側の気流に引き込まれて直進風が起るという

 使いやすさの面では、羽根やグリルを簡単に外せる構造としたほか、子供の指が入らないように設計された「セーフティグリル」を採用する。

 本体サイズは330×325×925mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約4.9kg。消費電力は3〜20W。電源コードの長さは約1.8m。



関連記事
バルミューダ、消費電力3Wの扇風機「GreenFan2」の限定カラー(2011/04/12)
ダイソン、“羽根のない扇風機”に直販サイト限定の新色を追加(2011/03/09)
そこが知りたい家電の新技術 シャープ エアコン「U-SXシリーズ」(2007/06/07)


(阿部 夏子)

2011年5月24日 16:30