記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

le dd「dream」

〜マシュマロタッチの新素材スリッパ。いつでもどこでも快適
by 座間 佳子


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


たかがスリッパ、されどスリッパ!

 家の中で、車内で、出張先や旅先で、当たり前のようにお世話になっているスリッパ。とりあえず履ければ事足りますが、結構長い時間おつきあいするものなので、あらためて「お気に入り」を見つけたくて、いろいろと探してみました。そして出合ったこの「dream」なスリッパを、今回は紹介したいと思います。

le dd「dream」 最初はこんな真空の状態です。中身の色がわかるように、素材の一部が丸くカットされてついています。 こんなに薄いのです! かさばらないのでギフトとしてもいいかも

メーカー le dd
製品名 dream
希望小売価格 3,150円
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 3,150円

 商品名からして“dream”とは、また大きく出た感じですが、そこにメーカーの自信もうかがえるというもの。イタリア生まれのこのスリッパ、dreamの名のとおり、長所がいろいろありますよ!パッケージの裏側に記された特長をひろってみると……

(1)通気性がいい
(2)耐久性がある
(3)洗濯可能
(4)100%リサイクルできる
(5)滑らない
(6)抗菌加工
(7)超軽量

 いかがです? なかなかに手応えがありそうでしょう?

パッケージの裏には、このスリッパの説明がずらり。イタリア語と英語で表記されています 袋から出してみましょう。いたってシンプルなデザイン。S(22〜24cm)、M(25〜27cm)、L(28〜30cm)の3サイズあります 素材の質感、わかりますか? ソフトだけど反発力もあり、凹凸のあるマシュマロって感じです。素足で履いても、気持ちいい!

 まず、(1)の通気性について。このスリッパは、イタリアのサッカーウェアで有名なLotto Sports社が開発した新素材でできており、発泡ウレタンを編んだような仕上がり。メッシュ状で通気性がよく、素材の特質で適度な保湿性もあり、しっとりしているけれど、べたっとしない印象。見た目よりも反発力があって、履き心地もなかなかです。

 (2)の耐久性。紫外線や熱にも強く、80℃までの高温に耐えられます。つまり、テラスに出しっぱなしにしても、サウナやスパで使っても、変形しにくく劣化しない、という強者!

 (3)なんとなんと、洗濯機で洗えます(水温40℃まで)! 脱水機もOK(乾燥機は不可)。いつでも清潔に保てるってことは、とてもポイント高いと思いませんか?

 (4)100%リサイクル可能で、環境にもやさしいのです。

 (5)独特の素材と編み方で、非常に滑りにくい。フローリングはもちろんですが、濡れた場所でも滑らないのはうれしい。洗面所やベランダでも、安心して使えます。

 (6)しかも、抗菌・防カビ加工。洗濯可能なうえに、この特性! いやなニオイともおさらば、なんとも衛生的なスリッパです。

 (7)とにかく軽い! しかも、芯材が入っていないので、どんな形にもなります。折ったり丸めたりしても、まったくへっちゃら。軽くて柔らかい、つまりこれは、携帯にとても便利、ということですね!

かかとの部分だけ、二重になっています。一番重さがかかるところが厚くなっているということ。ブランドマークのカエルが、左足だけにポチッとついています すべてが同じ素材でできているので、裏側もこんな感じです 本当に軽い。これはMサイズですが、左右両方で94g。つまり、100g以下!
水で濡らしてみました。見た目、ほとんどわかりませんね。水をはじいているのか、履いてもあまり濡れた感じがしません 裏側どうしを合わせてリボンで留めてみます。荷物にならない薄さです
片方だけ丸めてみます。すんなり収まりますよ。リボンをほどけば、全くの元通りに 左右合わせて2つに折って留めました。本当に自在に変形!

履いてこそわかる、このスリッパのぴったり感

 実際に履いてみて感じたのですが、薄くて軽いのに、履いていて疲れないのです。クッション性があって滑りにくいという素材の特徴もあると思いますが、スリッパそのものの形にも理由がありそう。甲の部分が深くできているため、すっぽりと足が覆われます。スリッパが足にしっかり固定されて、吸い付くような感覚。歩いてもパタパタ浮かず、音もしないため、歩きやすく快適なのです。

甲の部分が深く、付け根がかなりかかと寄りまであるのがわかります 履いてみます。すっぽりと包まれている印象。これが、歩きやすさを生んでいるのです 横から見るとこんな感じ。足の形に添ってぴったりしています。スマートですね

 こうやってこの“dream”具合を考えてみると、家での日常使いにもぴったりですが、出張や旅行といったときの携帯用としては、さらに活躍しそう。移動中の車内で、ちょっと靴を脱ぎたいな、という時もしかり。疲れて戻ったホテルの一室、他人が履いたスリッパはちょっと気になる時や、シャワーを浴びたら洗面所の床が濡れちゃった、なんて時でもOK。スパやプールに行く際に、乾いた履き物と濡れてもいいものを両方用意するのは面倒、という時にも便利です。

 ブラックのほかにも、レッド、ブルー、ピンク、イエローなど、イタリアンメイドらしいビビッドな色が9色そろっているので、家族で色を変えたり、使う場所で使い分けたりして楽しめます。

 次に予定している旅行には、この“dream”を一緒に連れて行ってみようかな。形も気にせずどこにでもポンと入れられるから、機内で、車内で、ホテル内で…と、今後の旅の気楽なお供になりそうな予感がします。





2012年 7月 31日   00:00