記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

テラモト「ちりとり捨楽」

〜ゴミ袋をちりとりに変えるお助けアイテム
by 小林 樹


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


テラモト「ちりとり捨楽」

 東京では、先月末に木枯らし1号が吹いた。木枯らしの吹く季節になると、気になるのが庭の落ち葉だ。庭に溜まった落ち葉は、ほうきとちりとりで掃き集め、ゴミ袋に入れて、焼却場へと送られる。

 だが、このゴミ袋に落ち葉を集める作業は、なかなか厄介だ。まず、落葉が思いのほかかさばる。ちりとりで一回にすくえる量は少なく、時間がかかる。

 そして落ち葉は軽く、せっかくちりとりの上に乗せても、ちょっとした風に吹かれて、ぶわっと舞ってしまったりする。さらに、せっかくちりとりに乗せた落ち葉が、いざゴミ箱に捨てる時に周りに散らかってしまうこともある。

 そこで紹介したいのが、テラモト「ちりとり捨楽(しゃらく)」。ちりとりを使わずに、直接ゴミ袋に落ち葉などのゴミをかき集められるという便利アイテムなのだ。

 


メーカー テラモト
製品名 ちりとり捨楽 小
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 1,670円

 

 ちりとり捨楽は、ゴミ袋を取り付けて、ちりとりの代わりに直接ゴミを集めるアイテムだ。ラインナップは、市販の70L用ゴミ袋に対応する「大」と、45L用ゴミ袋に対応する「小」があり、今回は小を選んだ。

 本体サイズは、約360×152×610mm(幅×奥行き×高さ)。本体重量は390g。見た目は、テニスラケットのフレームのような形で、小の割には意外と大きく感じた。

45L用ゴミ袋に対応する「小」を選んだ 横から見た図 グリップ部は滑りにくくするため、凹凸が設けられている

 さっそく45Lゴミ袋をはめてみた。ちりとり捨楽のフレーム部には、ボタン式の留具が4つ付いている。この留具にゴミ袋を挟み、それぞれパチパチッと留めれば、ゴミ袋が固定されるしくみだ。

フレーム部には、ボタン式の留具が4つ付いている 留具を外した状態。ここにゴミ袋を挟む
留具にゴミ袋を挟む 留具を留めると、ゴミ袋が固定される

 ゴミ袋をはめたら、庭の落ち葉を掃き集めてみる。我が家の軒先は今年はまだそんなに落ち葉が多くなかったが、掃けばどんどん集まってくる。

 ちりとり捨楽の使い勝手の良さはすぐにわかった。これまではほうきで庭の隅へ集めた落ち葉をちりとりでゴミ袋に捨てていたが、ちりとり捨楽ならそのままゴミ袋に落ち葉をかきこめるので、掃除の手間と時間が省ける。

 また、掃き込み口が幅広のため、枝のついた落ち葉など、大きなゴミも掃き入れやすいのだ。また、ベース部には、ちりとりのようなゆるい傾斜があり、ゴミが入り口でひっかからず、するりと入るのも良い。

 さらに、フレームの底面には、幅90mmほどの平らなベース部が付属している。このベース部が自立するので、掃除の途中に立てかけておける。

掃き込み口が幅広のため、枝のついた落ち葉など、大きなゴミも掃き入れやすい フレームの底面には、幅90mmほどの平らなベース部がある。ちりとりのようなゆるい傾斜があり、ゴミが入り口でひっかからない
自立するので、掃除中に立てかけておける そのままゴミ袋に落ち葉をかきこめるので、掃除の手間と時間が省ける


 ほかにも、普通のちりとりだと中腰になってゴミを拾うのが腰にキツいのだが、ちりとり捨楽ならば立ったままの姿勢で楽にゴミを掃き込めるのも良かった。

 気になったのは、掃除していくうちにゴミ袋がどんどんゴミが溜まり、ゴミ袋がずっしり重くなっていくこと。左手に捨楽、右手にほうきを持って掃除していると、このゴミ袋の重みでだんだん動きにくくなる。

 対策として、ビニール袋の大きさを変えてみた。ちりとり拾楽は45L用ゴミ袋だけでなく、普通のスーパーのゴミ袋にも対応する。フレーム部に付いているボタン式の留具はスライドすれば、袋の大きさに合わせて取り付けられるのだ。スーパーの袋程度のサイズなら、ゴミが溜まっても重くなりすぎず、普段から軒先を掃除したい時にも便利だ。

留具はスライドして、袋の大きさに合わせて調節できる スーパーのレジ袋もゴミ袋として使える

 ちりとり捨楽は手入れも楽である。捨楽の材質は、グリップと袋止めの再生樹脂を利用したポリプロピレン、フレームとベース部は塩化ビニールなので、水洗いできる。ゴミ袋は使い捨てなので、ゴミが溜まったらまた新しいゴミ袋を設定すれば良いだけだ。

奥行きが薄く、壁にかけておいても邪魔にならない

 収納もしやすい。奥行きが薄く、壁にかけておいても邪魔にならないため、使いたいときにサッと取り出せるのが助かる。

 ちりとり捨楽は、45Lのゴミ袋を取り付ければ多くの落ち葉を収めることができる。庭の落ち葉を掃除したい方だけでなく、道に生えている街路樹の大量の落ち葉を掃き集めるのにも良いだろう。

 また室内の掃除にも使えるので、これからの大掃除シーズンに、室内外でゴッソリとゴミをかき集めたい方にオススメだ。






2011年 11月 18日   00:00