記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

ミナス「フローリングワイパー 清潔日記」

〜スリッパの裏に貼って歩きながら床掃除できる
by 阿部 夏子


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


ミナス「フローリングワイパー 清潔日記」

 週末のうち、確実に半日は家事に費やされる。まずは洗濯、水回りの掃除、そのあと家中に掃除機を掛けて、そのあとフローリングワイパーで、残ったホコリを拭きとって、あとは平日分の料理をまとめて作って……と結構な仕事量だ。もちろん、必要なのは分かっているし、根っからのA型なのでやらないと気が済まない。ただ、ちょっとだけでも楽できたらなと思って購入したのが、今回紹介するミナスの「フローリングワイパー 清潔日記」(以下、清潔日記)だ。



メーカー ミナス
製品名 フローリングワイパー 清潔日記
購入場所 東急ハンズ
購入価格 378円


 毎土曜日、必ず行なっているフローリング掃除の手間を少なくするために購入したこの製品。フローリングワイパーは、掃除機だけではどうても取り切れない、細かいホコリや取ったり床表面の拭き掃除をするのが目的。掃除機を掛ければそれで良いかなと思いつつもやるのと、やらないのでは見た目に大きな差が出るので結局毎週行なっている作業だ。

 この手間を少しでも少なくするために購入した清潔日記は、スリッパの裏に貼って使うタイプのフローリングワイパーで、両面テープでスリッパの裏に直接貼り付けて使用する。いわゆるズボラアイテムだ。スリッパの裏にブラシやマットが付いているという製品は、それほど珍しいものではなく、過去にはモップが付いているものなんていうのもあった。清潔日記が便利なのは、貼り付けるだけで使えるという点、どんなスリッパにも使えるという点、さらに使い捨て出来るというところだ。

パッケージには12枚のシートがセットになっている マット裏には4本の粘着テープが設置されている

 というわけで、さっそく使ってみよう。といっても、ほとんど手間は掛からない。いつも使っているスリッパの裏に、清潔日記を貼り付けるだけだ。後は普通の生活を送って、ある程度時間が経ったらはがす。本体は12枚セットで、1回に2枚づつ使うので、計6回分となっている。

 ここで、改めて普段使っているスリッパの裏側を見ると――かなり汚い。週に3回は掃除機を掛けていてもコレ? と少々脱力しつつも、これだけ汚れが付いているなら、思った以上に使えるかも、と期待マンマンで使い始めた。

普段使っているスリッパ(室内履き)の裏を見てみたら、結構汚れている。3日に一度は掃除機を掛けて、室内履きもマメに洗濯していても、これだ…… あらかじめある程度の汚れを拭き取ってからシートを貼り付けた

 スリッパの裏に貼り付けて使用するのだから、履き心地も変わるのかなと思いつつも、実際使ってみると普段と変わらない。柔らかい素材のため歩くときに違和感もないし、底面が固いスリッパを使っている場合、歩くときのパタパタという音も吸収してくれる。

1日(12時間)使ったあとのシート。髪の毛や細かいホコリはもちろん、全体がうっすらと汚れていた

 裏に貼り付けてあるのをすっかり忘れて、約1日使ってみた。ワクワクしながら裏を見てみると、おー取れている! 小さなホコリはもちろん、全体がうっすらと黒く汚れている。特に目に付いたのは髪の毛。髪の毛は軽くて、静電気などで床に張り付きやすいため、掃除機をかけたすぐ後でさえ目につく、掃除の敵だ。

 どうしても目に付くから、と粘着テープなどで取り除くという人も多いだろう。使った後のシートには髪の毛がしっかり付いていた。これは結構使えるかも、とさっそく新しいシートに張り替えた。シートは使い捨てになっているため、汚れたシートをはがしたらそのまま捨てられる。あとは、新しいシートを貼ればいいだけだ。

使うスリッパを選ばず、使い捨てで使えるので手軽に導入できる

 いつもと同じように家の中を歩くだけで汚れが取れるのでなんだかお得な気分が味わえる。問題点としては、当たり前だが、自分が動いているところしか掃除できないというところ。部屋の隅や廊下の隅などホコリの溜まりやすい場所は、普段自分がいかない所でもある。つまり、土曜日の午前中にはやっぱりフローリングシートを使った掃除をする必要がある。

 ただ、日常生活の中で目に付く場所のホコリはある程度取り除けるので、価値はそれなりにあるだろう。モップ付きスリッパのように、製品そのもののお手入れをする必要がなく、どんなスリッパにも使えるのも嬉しいところ。家族が多い人なら、全員のスリッパの裏に清潔日記を貼れば、床の汚れもかなり違うだろう。

 掃除の主力に、とはいかないが、毎日使うスリッパで手軽にホコリが取れるのはやっぱりちょっと得した気分になる。あると便利なお掃除グッズだ。





2010年 3月 31日   00:00