記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

セイコークロック「NR428W」

〜犬の歌声で目覚めるユニークな目覚まし時計
by 今西 絢美


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです


 

セイコークロック「NR428W」
 「春眠暁を覚えず」というが、冬も春も朝起きるのはつらい。可能ならば、平日でも9時間ほどは寝たい筆者は、子どもの頃から朝が苦手だ。筆者がひとり暮らしを始めて、最初に母から贈られたものが目覚まし時計だというと、その苦手の度合いがわかっていただけるのではないだろうか。

 現在は爆音のアラームが鳴り響く目覚まし時計とケータイのアラームで何とか起きているのだが、休日にもっとゆったり起きられる目覚まし時計はないのだろうかと探していたところ、こんなものを見付けた。

メーカー セイコークロック
製品名 NR428W
希望小売価格 5,250円
購入場所 ヨドバシ.com
購入価格 3,670円(ポイント還元10%)

 「犬たちのゆかいな歌声で起きよう!」と箱に書かれており、犬が歌うというのに興味を持ったので使ってみることにした。

 この目覚まし時計のデザインで目を引くのは、肉球型のスヌーズボタンだろう。この部分だけプラスチックでなくシリコンでできているので、押したときに「ぷにゅぷにゅ」した感覚が楽しめる。思わず意味もなく押してしまうのだが、アラームが鳴っていないときにはライトがつくようになっている。これなら電気を消してから時間を確認したくなった場合に役立つ。もちろん実際の肉球よりは固いのであしからず!

 ちなみにボディのカラーは白×茶色で、なんとなくビーグル犬を思わせるような色合いになっている。

電源は単三電池3本。購入時に付属している

ぷにっとした肉球のボタンがアラームボタンという斬新な発想。ネコの手のカタチをした電動マッサージ機が昔はやったのを思い出した

誘惑に負けて意味もなく手が伸びる。押すとライトが光るので、暗い場所でも時間を確認できる

 肝心の目覚まし機能はというと、犬の歌声で「茶色の小瓶」が流れるようになっており、音量はMIN/MAXの2段階に切り替えができる。筆者は“ゆったり起きる日”用にこの目覚ましを購入したのでMINをメインに使用しているが、MAXにすると、音はかなり大きく、朝が苦手な人でも十分な音量だろう。ただし、犬の声でワンワン吠えながら歌うメロディは思った以上に爽やかなので、二度寝には要注意。アラームが鳴り始めてから約5分で自動的にストップするので、よほど眠りこけてしまわない限りは目が覚めるだろう。
 
本体右側のアラームスイッチでON/OFFを切り替える。いたってシンプルな設計だ

本体右側
犬の歌う「茶色の小瓶」はジャズテイストで少しオシャレ。朝の目覚めもこれで爽やかになるだろう

 スヌーズ機能を備えているので安心ではあるが、本体サイドにあるアラームスイッチを寝ぼけながらオフにしないよう心掛けたい。ちなみに筆者はこれをいつもオフにしてしまい、目が覚めてからてんてこまいだ。

 時計の基本性能としては、連続秒針を採用しているので「カチカチ」という音がしない。寝るときに秒針の音が気になるという人にイイだろう。

 特に目新しい機能があるわけではないが、犬が好き、はたまた肉球が好きというマニアックな人にもオススメの目覚まし時計。愛犬家へのちょっと気の利いたプレゼントとしても面白い。愛犬が目覚まし時計に合わせて一緒に歌い出すかも!?


2009年 4月 13日   00:00

Copyright © 2014 Impress Corporation. All rights reserved.