記事検索
バックナンバー

【特別企画】

ケンコー「LED電球 KDL5FW26(電球色)」

〜自然な色合いを実感。演色性の高いLED電球
by 藤原 大蔵

高い演色性、白熱電球らしい光と色合いのLED電球

ケンコー「LED電球 KDL5FW26 (電球色)」。全光束は440lm

 明るさ・配光性と並んで、照明に求められる質が「演色性」だ。照明によって照らされたモノが、本来持っている色に近いほど「演色性が良い」、逆に色が違うほど「演色性が低い」ということになる。

 演色性の良し悪しは、「平均演色評価数(Ra)」という単位で表され、数値が「100」に近いほど演色性が高くなる。例えば白熱電球ならこの数値が「Ra100」と高いが、LED電球の場合は「Ra75〜80」ぐらいのものがほとんど。中にはその値を明記していないものもあったりする。

 しかし、今回取り上げるケンコーのLED電球「KDL5FW26 (電球色)」は、平均演色評価数が「Ra85」と、非常に高い。この値はLED電球の中では間違いなくトップクラスとなる。ケンコーは写真・映像用品、光学製品を製造・販売する、デジカメ業界で有名なメーカー。写真のデキは光源の質によって大きく左右されるが、色にこだわったのは写真メーカーならではかもしれない。


メーカー名 ケンコー
品番   KDL5FW26  
定格消費電力 6.5W
口金 E26
光色 電球色相当
色温度 3,000K
平均演色評価数 Ra85
全光束 440lm
白熱電球と比較した明るさ
(JELMA基準・ランプ単体)
30W形相当
定格寿命 40,000時間
調光器対応 -
密閉器具対応 -
サイズ(高さ×直径) 115×61mm
重量 150g
購入価格
(Amazon.co.jp 4/8時点)
2,960円

 今日はこの、演色性が高いケンコーのLED電球について紹介しよう。全光束は440lm。業界団体の「日本電球工業会(JELMA)」に準じると、白熱電球と比較した明るさは30W形相当ということになる。

 ちなみに、LED電球の要となるLEDチップは、青色LEDや白色LEDなどの開発で知られる日亜化学工業製で、業務用照明を扱うスタンレー電機でアセンブリ(組み立て)されたものを使用しているという。日亜化学工業とスタンレー電機はJELMAの会員となっている。

 なお、本製品には特にシリーズ名がないので、本文中では「ケンコー」と記す。

※60W形白熱電球は三菱電機オスラムの 「LW100V57W2PZ」(2個パック143円で購入)を使用
100W形白熱電球は日立の15%省電力タイプのソフトシリカ「LW100V85W」(1個パック105円で購入)を使用
※※
電球形蛍光灯は、2008 年の特集で 総合的に性能の高かった
パナソニックの 「パルックボール プレミアQ(クイック)」(1,390円で購入)を使用



【基本スペック編】

 

サイズ比較

 サイズは実測で115×61mm(高さ×直径)と、LED電球の中では平均的な大きさだ。放熱部のヒートシンクは白色でくびれがあり、また樹脂製の半透明のドーム型カバーが大きいこともあって、電球らしい姿に映る。ただし、口金付近の直径は38.5mmと、白熱電球(32mm)よりも太い。取り付ける器具のソケットまわりを確認する必要があるだろう。

 重量は150gと、軽量化が進むLED電球の中では重め。ただ、これまでもさらに重いLED電球を試してきたが、器具が傾いたりするようことは無かったので、これなら家庭用器具に取り付けられる範囲内と言える。

高さは115mm(中央)と、60W形白熱電球(左)より2cmほど背が高い。放熱部にくびれがあり、白色のヒートシンクは溝も浅くゴツゴツ感は無いが、口金付近の直径は38.5mmと、白熱電球(32mm)よりも6mmほど太いため、取り付ける器具の確認が必要だ。重量は150gとLEDの中では重め 直径は61mm(中央)で、白熱電球や電球形蛍光灯よりも大ぶりな印象になる。光源部は樹脂製で透明度が高いが、LEDチップはほとんど透けて見えない


器具に取り付けたようす

 器具に取り付けたところ、全体的には電球らしい、自然な印象だった。大きめなので、放熱部とカバーのつなぎ目は見えてしまいやすいが、白色なのでほとんど気にならない。その先にある放熱部も、器具をかなり覗き込まないと見えてこない。樹脂製のカバーは透明感が高めだが、LEDチップが透けて見えることもない。

【白熱電球:60W形】
電球の端が少し覗いている程度の角度から撮影した
【電球形蛍光灯】
電球の直径は白熱電球と同じだが、背が高いため、内側のらせん状の蛍光管が透けて見える
【ケンコー】
全体的には電球らしい、自然な印象だ。樹脂製の光源部とヒートシンクの白色のつなぎ目はどうしても見えてしまうが、放熱部はかなり覗き込まないと見えない

光の広がりかたと配光性

 壁面のそばで電球を上向きにセットし、どのように光が壁面に広がるかを見てみた。光は光源部を中心にほぼ球形に拡散しているものの、ソケット方向や横方向へは光が強く届かない。一方で、電球の上方については、遠くまで光が届いている印象である。

【白熱電球:60・40W形】
ソケットぎりぎりまで明るい。電球を中心に床面に近いところから光が広がっている
【電球形蛍光灯】
白熱電球と同じようにソケット付近も光が届く。しかし遠くまでは光が届かない印象だ
【ケンコー】
ほぼ球形に光は拡散しているが、電球の横方向、ソケット付近への光の回り込みは弱い。遠くまで光が届いているのはLED電球らしい

 電気スタンド型の器具に取り付けたところ、光は器具のシェードの上方に偏った。シェードから漏れる上下の光は明るさが異なり、シェードにも明るさのムラが現われる。器具の真下へも、光は届きにくい。

 ただし、樹脂カバーが大きいためか、横方向へはシェードを通してある程度光が届いている。読書灯として使うには力不足かもしれないが、インテリアライトとしてなら使えそうだ。

【白熱電球:60W形】
シェードは中心からまんべんなく光り、シェードの上下からほぼ同じ明るさの光が漏れている
【電球形蛍光灯】
白熱電球と遜色なく、シェードのほぼ中心からまんべんなく光る。シェードの上下からもほぼ同じ明るさの光が漏れる
【ケンコー】
下半分はあまり明るくならずムラができてしまう。しかし、横方向へもある程度光が届くので、インテリアライトとしてなら悪くないかもしれない

明るさ(55cm直下の照度)

 光源から55cm直下の照度は514lxと、40W形白熱電球や電球形蛍光灯よりも確実に明るい。日本電球工業会の基準に合わせれば、全光束は白熱電球30W形相当であることを考えれば、この結果は健闘しているだろう。

 60W形白熱電球と比べると、やや暗めではあるものの、ひどく暗いというほどではない。特に、机上や壁面への光の広がり方が電球らしく、好印象だ。

【白熱電球:60W形】
光源を55mm上方にセットし、直下照度を計測した
【白熱電球:40W形 467lx】
【電球形蛍光灯: 475lx】 【ケンコー:514lx】
40W形白熱電球よりも確実に明るかった。60W形白熱電球と比較しても、ひどく暗い印象にはならない

 JELMA基準では白熱電球30W形相当の明るさではあるが、実際には40W形白熱電球よりも明るく、60W形白熱電球と比べてもそこまで暗くはならなかった。拡散性はボチボチといったところだが、器具との相性は良かった。

 色についてはこれから詳しく見ていくが、点灯した時の光色や色の見え方は、白熱電球にとても近く、自然な印象を受けた。実使用シーンでも期待が持てそうだ。


【実使用編】

 ここからは実際の生活シーンに取り付けて、よりリアルな使用での実力を探って行く。なお、密閉型器具に対応していないので、浴室や密閉型のインテリアライトでは使用しなかった。

玄関

 玄関との相性は良かった。全光束は40W形白熱電球相当ではあるが、実使用での明るさは、60W形白熱電球と40W形白熱電球の中間ぐらいの印象といったところ。それでも、空間全体に光が良く届き、十分に明るいと感じられた。影の落ち方も穏やかで、光色がとても自然。白熱電球の印象のまま、スッキリと落ち着いた印象の玄関が演出できるだろう。

【白熱電球:60W形】
床面まで光が届き、十分な明るさがある
【白熱電球:40W形】
玄関としては、もうすこし明るさが欲しいか
【電球形蛍光灯】
比較すると色が不自然に感じる。また、点灯して明るさが安定するまで時間がかかる
【ケンコー】
60W形白熱電球と並べて比較すれば暗く感じるが、肉眼では十分な明るさを感じた。光色も電球らしい自然な印象だ

トイレ

 トイレのような狭い空間での使用は、光色、明るさともにまったく申し分ない。電球らしい自然な光色でありながら、暑苦しさが抑えられ、とても快適だ。40W形白熱電球よりも明るく強い影も落ちないので、居心地の良い清潔感のあるトイレになった。

 なお、トイレは点滅頻度が高いため、点滅回数が寿命に影響する電球形蛍光灯の写真は割愛する。

【白熱電球:60W形】
明るく気持ちよく過ごせる
【白熱電球:40W形】
少し暗いが、狭い空間なのでまだまだ十分に明るく感じる
【ケンコー】
明るさは申し分なく、光色も清潔感がある。暑苦しくならず快適に過ごせるだろう

リビングルーム

 透過タイプの器具の場合は、少々物足りない印象になってしまった。もともとそこまで明るいLED電球ではないため、器具を透過した光も壁面まで強く届いてくれない。

 しかし、直接光が届いているテーブルや棚は電球形蛍光灯よりも明るかった。また、光色は電球に近く自然な色合いは。印象は電球形蛍光灯よりもとても良かった。明るさよりも色を重視したいなら、アリだろう。

【白熱電球:60W形×2 透過タイプのシェード】
光が部屋全体に行き渡り、十分な明るさがある
【電球形蛍光灯×2 透過タイプのシェード】
白熱電球のように上部、側面へも光が広がる。しかし、テーブルはLED電球よりも暗い印象で、色被り(余計な色が加わること)によりくすんで見える
【ケンコー×2 透過タイプのシェード】
部屋全体の明るさとしては物足りない印象だ。机上面は十分に明るいが、シェードを通した明るさが、壁面に届かない。ただ、自然な電球色で暑苦しさがないのは良かった

 非透過タイプの器具との相性はとても良かった。室内の明暗のコントラストがスッキリと整理され、落ち着いた雰囲気が演出できる。テーブル付近の明るさも十分だ。インテリアライトなどの部分照明と組み合わせれば、より印象的なリビングルームが演出できるだろう。

【白熱電球:60W形×2 非透過タイプのシェード】
十分な明るさが得られ、コントラストのある空間になっている
【電球形蛍光灯×2 非透過タイプのシェード】
白熱電球のように上部へも光が広がるが、透過タイプと同様、色がいまひとつ
【ケンコー×2 非透過タイプのシェード】
相性はとても良い。明るさのコントラストがバランス良くスッキリとし、落ち着いた雰囲気が演出できる。テーブル面も十分に明るかった

食事の風景

 色味が重要な食事のシーンには、特にお勧めしたい。食べ物全てが新鮮でおいしそうに見え、食欲を大いにそそる。また、食器の質感による色の違いや、白熱電球の下では茶色に見えてしまうモスグリーンのランチョンマットの色も、イメージどおりに再現されている。その上、LED電球特有の「人工的な電球色」にならず、食卓全体が白熱電球のような、華やかで自然な光色に包まれる。食卓に近めの器具に取り付ければ、明るさについても問題ない。

 結論を言えば、白熱電球から取り替えても全く違和感が無いだろう。

【白熱電球:60W形】
食事は全体的においしそうに見える。ただし赤みが強いため、モスグリーンのランチョンマットが茶色に見える
【電球形蛍光灯】
色味のバランスが崩れてしまい、食卓全体がくすんだ印象になってしまう。特に、ハムの色が気になる
【ケンコー】
食卓にふさわしいLED電球だ。食べ物全てがおいしそうで新鮮に見え、食欲をそそる。色被りによるくすみが全く感じられず、透明感のある自然な電球色だ。微妙な色合いや質感も再現されている


消費電力はたった5W。60W形白熱電球との交換なら11カ月で元がとれる

 ケンコーの消費電力は5Wだった(実測値)。明るさは落ちてしまうが、60W形白熱電球(消費電力は56W)と交換すれば1/11以上も節電できる。40W形白熱電球(37W)と交換でも、1/7以上と大きな節電効果が期待できる。

 電球代と電気代込みでいつ元が取れるかを試算した場合、60W形白熱電球からなら11カ月、40W形白熱電球からなら1年4カ月以内だった。この試算結果は、LED電球の中でも比較的早く元が取れるほうだ。消費電力が低めな点、電球の初期購入費が3,000円以下と安めなことが影響しているだろう。

 60W形白熱電球から取り替えた場合だと、明るさは多少我慢しなければならない。しかし、良い光色、演色性は他にはないので、快適さを損なわない範囲内で明るさを見直せば、大きな節電効果になるだろう。

【白熱電球:60W形】
消費電力は56W。消費電力1Wあたりの発光効率は、14.46lm/Wになる
【白熱電球:40W形】
消費電力37W。発光効率は、13.1lm/W
【電球形蛍光灯】
消費電力10W。発光効率は75lm/W
【ケンコー】
消費電力5W。発光効率は88lm/Wと高い

 電球形蛍光灯と比較した場合、元が取れるまでに4年6カ月とLED電球の中では比較的早い。これはちょうど2つめの電球形蛍光灯に替える時に逆転する。現在電球形蛍光灯で満足しているのであれば、急いで替える必要はないかもしれない。しかし、消費電力はその半分近くになるので、節電効果はすぐに現われるだろう。

【ケンコー KDL5FW26】
従来の光源と比較した“いつになったら元が取れるか”試算
光源 消費電力 1カ月 3カ月 半年
(6カ月)
11カ月 1年 1年
4カ月
2年 4年 4年
6カ月
ケンコーLED 5W 2,987円 3,040円 3,121円 3,254円 3,281円 3,388円 3,602円 4,245円 4,405円
白熱電球60W形 54W 370円 966円 1,932円 3,493円 3,792円 5,055円 7,583円 15,166円 17,098円
白熱電球40W形 37W 269円 665円 1,329円 2,389円 2,587円 3,449円 5,174円 10,348円 11,677円
電球型蛍光灯 10W 1,445円 1,554円 1,719円 1,992円 2,047円 2,266円 2,704円 4,018円 5,737円
※表中の金額は、電球代と電気代をプラスした「維持費」  ※1日の使用時間は8時間と仮定
※白熱電球には、4カ月ごと、電球形蛍光灯は2年9カ月ごと電球代を加算する (切れた電球代の購入費として)
※電気代は1kWh=22円で計算


高い演色性が魅力的なLED電球は、食卓にぴったり

 なんと言っても、演色性の高さが素晴らしい。食卓のシーンでは、すべての食べ物が新鮮でおいしそうに見え、白熱電球とほとんど変わらない自然な電球色だった。食卓のあかりとしては、これまで数々のLED電球を試したが、イチオシでお勧めしたい。煌々とした明るさは望めないが、ここまで自然な光色のLED電球はまだまだ少なく、選ぶ価値は十分にある。

 食卓以外にも、自然な光色と高い演色性は、多くの生活シーンで活用できるだろう。玄関や洗面所、トイレなどの少し狭い空間ならば、暑苦しさを抑えた自然な電球色の光で、一灯でも十分な明るさが感じられた。多灯タイプや複数の器具との併用ならば、広いリビングでも心地良いあかりが演出できるだろう。逆に言えば、一灯で部屋全体を使うような用法は避けておくのが無難だ。

 もちろん、低消費電力、40,000時間の長寿命というLED電球ならではの特徴もある。特に消費電力は、消費電力1Wあたりの発光効率はどちらも88lm/Wと、白熱電球とはまるで比べ物にならないほど効率が良い。またノイズの不安もないようで、点灯時に「ジー」などの異音はせず、AMラジオのそばで使用しても音が乱れるなどの影響は全く無かった。

 ケンコーのLED電球に取り替えれば、照明で重要な高い演色性を得ながら、同時に高い節電効果が期待できる。人工的な雰囲気にならずに、生活にスッと馴染むLED電球としてぜひお勧めしたい。


ケンコー「LED電球 KDL5FW26 (電球色)」はこんなLED電球

・非常に高い演色性。食卓など色が重要なシーンには断然オススメ

・若干暗めだが、暑苦しさを抑えた自然な電球色は生活シーンに馴染みやすい

・60W形白熱電球と交換なら11カ月、40W形なら1年4カ月で元が取れる(1日8時間使用)







2011年4月25日 00:00