ぷーこの家電日記

第117回:多機能ホットプレートに感動! それでも捨てられない直火の網焼き器

 我が家で使っていたホットプレートは、夫が独身時代から持っていた、グリル鍋が1個だけついた小さくて丸いもの。大きな機能もないけれど、ちょっとした焼き物やすき焼きなどにはいいサイズで、結婚した当初は結構使ってた。

 でも、直火で網焼きができるイワタニの網焼き器「炉ばた大将 炙家(あぶりや)」を買った辺りからほとんど使うことがなかった。

 焼肉→直火サイコー!
 すき焼き→お鍋&カセットコンロで問題なし
 お好み焼き→そもそもたこ焼き派。
 ホットケーキ→フライパンで焼く

 といった感じ。私は焼肉が大好きなので、家でも結構焼肉をする。焼肉は美味しい上に、準備も野菜を切るだけ。というずぼらな私にはぴったり神メニュー。箱に入れて収納にしまう。という暇もないくらい頻繁に、焼肉(網焼き)を食べてた。

 数年使い、結構年季が入って来た網焼き器、ボロボロだねぇ〜なぁんて言っていた矢先に、何とお友達から「ホットプレートいらない?」と素敵な打診をいただいてしまったのだ。何でも引越しをすることになり、収納の関係で処分することにしたんだとか。なんですとーーー??? めっちゃ嬉しい!

 大喜びでいただいたホットプレート。私は今まで多機能なホットプレートは持ったことがない。

 鉄板が何枚も付いていて、用途で使い分けれて、ワンダホー!!! 夫と「すごーい!」「すごーい!」と小躍りしながら、早速試しに「焼肉の儀」を執り行なったのです。

 高機能ホットプレートが初めてだったので、まず火力(?)に感動。直火最高! って思ってたけど、まるで遜色ないし、直火同様に、お肉の油を落とせるようにちゃんとプレートも波型で穴あきタイプなのだ。お肉の焼き目が美しい!

 広いホットプレートが嬉しくて、お好み焼きも作ってみる。2枚同時に焼ける広さとこれまた火力もバッチリで、美味しい〜! ホットプレートすごい。便利! これだったらホームパーティーにも大活躍だ! 焼きそばなんか焼きまくっちゃうもんね!

 ということで、これはもう世代交代ですね。と、使い込んだ網焼き器を思い切って処分することにした。直火もいいけど、ホットプレートで火力も遜色ないし、2つはいらないもの。十分使い倒した。思い残すことなしですよ。

 最後に網焼き器で焼肉しよう。と、夫と二人で最後の網焼きを堪能して、「お疲れ様でした!」なぁんてお礼を言いながらさよなら……。

 のはずが、粗大ごみの予約とか面倒で「また今度」「あ、また忘れてた!」なぁんて言いながら放置されることここ数カ月(笑)。

 年も明けて数週間。年末に駆け込みで申し込みをしていたふるさと納税の謝礼の品が我が家に届いたので、友達も呼んで新年会を兼ねて我が家で飲み会。今回届いたのは、長崎県佐世保市から「日本本土最西端の潮風3品セット」という、あわび800gにさざえ1kg、そして料亭のポン酢がセットになった、なんとも豪勢なセット。

 お刺身でも堪能しつつ、「よーし、さざえのつぼ焼き食べるぞー!」と、ホットプレートの上にサザエを出してワクワク。……あれ? ぐつぐつしてくれない。「せ、接点!!!」そうなのだ。さざえのイガイガ部分がプレートに接してはいるけれど、何せ面積が少ないので、熱が伝わりづらいのだ。そりゃそうだ。という感じだけれど、考えていなかった。

 急遽捨てるはずだった網焼き器を持ち出して、直火でつぼ焼きを作ったら、直ぐにぐつぐつぶくぶく。「これだこれだ!!!」ということで、網焼き器の底力を知ってしまったのでした。

 やっぱり捨てられないね……。ということで、金たわしでピカピカに綺麗にして、大事にしまっておくことにしたのでした。

 あとはたこ焼き器「炎たこ」。こちらも捨てるかどうか悩ましいところ。ホットプレートにたこ焼き用の鉄板も付いている。でも直火も美味しい。悩ましい。こうやって捨てられない症候群の私のところには、物が増えていくのですねと、新年早々軽く反省したりしているのでした。

徳王 美智子

1978年生まれ。アナログ過ぎる環境で育った幼少期の反動で、家電含めデジタル機器にロマンスと憧れを感じて止まない30代後半。知見は無いが好きで仕方が無い。家電量販店はテーマパーク。ハードに携わる全ての方に尊敬を抱きつつ、本人はソフト寄りの業務をこなす日々。