ニュース

東京ガス、電力の契約件数が約5万4,000件を突破

 東京ガスは、4月の家庭用・業務用の顧客向け低圧電力の販売開始を控え、今年1月4日から開始した契約申し込み件数が、2月23日時点で約5万4,000件に達したと発表した。

 2月1日に料金改定を行ない、値下げを発表したことで、1月29日時点で約1万1,000件だった契約が約5倍に急増した。申し込みの中心は、ライフバル(東京ガスの地域サービス窓口)等による顧客との直接的なコミュニケーションによるものだという。

 同社は2月23日、東京ガス電気の申し込み第一号の顧客(東京・町田市)への記念品贈呈式を行なった。

左から、東京ガスライフバル町田の澤井社長、顧客夫妻、東京ガス広瀬社長

(田中 真紀子)