ニュース

キングジム、マイナンバー関連の書類を保護する南京錠付きケースなど

マイナンバー関連の書類管理に適した3製品

 キングジムは、マイナンバー関連の書類管理に適したアイテム3製品を、2月26日より順次販売する。南京錠付きの「マイナンバー用 セキュリティードキュメントケース 4700MN」、書類が見えない「マイナンバー用 セキュリティー見出し付ホルダー 792MN10」、「源泉徴収票ファイル A5-S 802」をラインナップ。価格は順に、8,000円、880円、800円(税抜)。

 オフィスや行政機関などで、マイナンバーの管理・運用を行なう管理者に向けたアイテム。マイナンバーの管理は、国から多くの安全管理措置が義務付けられており、取り扱い担当者に負担が掛かることに着目して開発したという。

南京錠付きセキュリティードキュメントケース

セキュリティードキュメントケース

 「マイナンバー用 セキュリティードキュメントケース 4700MN」は、マイナンバー書類の取り扱い業務専用の収納ケース。フタを閉じると収納した書類が周囲から見えない設計で、書類ののぞき見を防げるという。ダイヤル式南京錠を付属するため、安易な持ち出しも防止する。

 収納できるファイルは、A4サイズのクリアーホルダーと角型2号封筒に対応。約50件分の書類を収納できる。ケースは縦置き・横置きに対応し、収納場所に合わせて置き方を選べる。

 本体はA4サイズ。カラーはブラック。

書類の脱着を防ぐフラップ付きホルダー

セキュリティー見出し付ホルダー

 「マイナンバー用 セキュリティー見出し付ホルダー 792MN10」は、不透明で書類が完全に見えなくなるホルダー。書類の脱落を防ぐ「フラップ」や、書類が収納されているかを確認できる「確認小窓」を備える。「差し替え見出し」が付いており、氏名や書類名などを記入すれば、どの書類を管理しているかがわかるという。

 本体はA4サイズ。カラーはブラック。10枚1パックとなる。

A5タテ型サイズに変更される源泉徴収票に対応した専用ファイル

源泉徴収票ファイル A5-S

 「源泉徴収票ファイル A5-S 802」は、A5タテ型サイズのファイル。マイナンバー制度開始に伴い、A6ヨコ型サイズから、A5タテ型サイズに変更される給与所得の源泉徴収票に対応したものとなる。

 本体はA5サイズ。カラーはブルー。

(西村 夢音)