ニュース

日立、ワンタッチで最大火力にできるIHクッキングヒーター

「火加減マイスター HT-K300XTWF」

 日立アプライアンスは、2種類の専用皿で多彩な料理を手軽に作れる3口IHクッキングヒーター「火加減マイスター」HT-K300T、K200T、K100Tシリーズ12機種を12月21日に発売する。本体価格は334,000〜429,000円(税抜)。

 オーブン部に、直火とプレート加熱で焼き上げるグリル調理用の専用皿「ラク旨グリル」に加え、庫内を設定温度にキープし、じっくり火を通すオーブン調理用の専用皿「ラク旨オーブン」を新たに付属したIHクッキングヒーター。

ラク旨グリル
ラク旨オーブン

 「ラク旨オーブン」は深さがあり熱に強いホーロー仕上げで、大きな食材や高温調理が可能。中心まで火を通すのが難しいローストビーフや、260℃の高温で調理するパエリアなども手軽に調理できるという。

庫内の様子

 どちらの専用皿も深さがあり、油の飛び跳ねをガードするため、調理後も庫内がきれいだとしている。

 また、調理中に「強火」キーを1秒押すだけで、左右IHヒーターの最大火力3.2kWに設定することが可能。湯を大量に必要とするパスタ調理などに便利な機能だという。

 本体幅は、75cmと60cmを用意。K300Tシリーズは、左右のIHがオールメタル加熱対応、K200Tシリーズは右のIHがオールメタル対応、K100Tシリーズは鉄・ステンレス対応となっている。最大火力は、左右IHヒーターが3.2kW、中央IHヒーターが2.0kW。ラク旨グリル(波皿)、ラク旨オーブン(平皿)、専用フタ、クッキングガイドが付属する。

 ラク旨グリル&オーブンの専用フタを省略し、左右IHヒーターの最大火力3.0kWを採用した「火加減マイスター」HT-K9T、K8Tシリーズも同日に発売する。

(鈴木 恵理)