ニュース

シャープ、幅60cmとスリムながらも大容量「メガフリーザー」搭載の冷蔵庫

プラズマクラスター冷蔵庫「SJ-GT41B」

 シャープは、大容量冷凍室「メガフリーザー」を搭載したプラズマクラスター冷蔵庫「SJ-GT41B」を、11月19日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は26万円前後(税抜)。

 容積410Lのプラズマクラスター冷蔵庫。本体幅60cmとスリムながらも冷凍室の容量は150Lで、クラスNo.1を実現した点が特徴。庫内レイアウトの高効率化などにより、従来モデルと比較して容量が約20%アップした。買い物カゴ4個分の食品を収納でき、需要が拡大している冷凍食品をたっぷり保存できるという。

本体幅は60cmだが冷凍室は150Lの大容量
冷凍食品をたっぷり収納
買い物カゴ4個分の食品が入る

スリムタイプも「メガフリーザー」で冷凍室の容量不足を解消

シャープ コンシューマーエレクトロニクスカンパニー 健康・環境システム事業本部 メジャーアプライアンス事業部 菅原 靖文氏

 シャープ コンシューマーエレクトロニクスカンパニー 健康・環境システム事業本部 メジャーアプライアンス事業部 菅原 靖文氏は、冷凍室の大容量化について次のように語った。

 「シャープが冷蔵庫について調査をしたところ、スリムタイプの冷蔵庫を購入したユーザーは、冷凍室の容量に不満を持っている人が多いことがわかりました。設置スペースの関係上、スリムタイプを買わざるを得ないユーザーも多く、満足してもらえるような冷蔵庫が存在しませんでした。そこで幅60cmながらも大容量“メガフリーザー”を搭載した冷蔵庫を販売し、ユーザーのニーズに応えます」

 また、冷凍室には整理性をアップする「4切り(しきり)名人」を備える。2本の仕切り棒で冷凍ケースを自由に調節でき、収納したい食品に合わせて変えられる。冷凍ケースは深さがあるため、冷凍食品などは縦置き収納が可能。食品を積み重ねる必要がなく、使い忘れも解消する。

整理性をアップする「4切り(しきり)名人」
2本の仕切り棒で冷凍ケースを自由に調節できる
深さがあり冷凍食品を縦置きできる

調味料をスッキリ収納できる「段々スパイスラック」

 冷蔵室内には、サイズの異なる調味料をわかりやすく収納できる「段々スパイスラック」を新採用。近年、調理の時短・簡便化志向に対応した要冷蔵の調味料が増加していることを、採用の背景に挙げている。小ビンやチューブなどを、サイズに合わせて4段に収納し、使いたい調味料が一目で確認できる。

 「段々スパイスラック」は取り外し可能なため、庫内の好きな場所に置くことも可能。

サイズが異なる調味料を収納しやすい「段々スパイスラック」
取り外せる
庫内の好きな位置に置くこともできる

使いやすさ、取り出しやすさにこだわった設計

 従来モデルでは最下段に備えられていた「シャキット野菜室」は、冷蔵室内に配置。同社が調理中の主婦の動きを観察したところ、野菜室と冷蔵室を行ったり来たりしており、作業効率が下がることがわかったという。

 そこで、よく使う2つの部屋を1室に集約する「らくらくワンアクセス」を採用することで、手際よく調理できるようにした。このほか、野菜の在庫確認もしやすく、使い忘れが解消できるとしている。

 野菜室は、食品に直接冷気を当てない高湿シールド構造により、鮮度低下につながる乾燥を抑えている。上段/下段ともに高湿度環境を実現し、従来の野菜室に比べて野菜の水分保持率が約2倍に向上したという。

野菜室を冷蔵室内に配置。大きな食材も取り出しやすい
シャキット野菜室は水分保持率が2倍に向上

 また、食材の取り出しやすさにもこだわり「出し入れラクラクライン」を採用。冷蔵室の高さを床面から約84cmに設定し、大物野菜や大型ボトルも出し入れが簡単にできる。

 冷蔵室は、左右どちらからも開閉できるシャープ独自の「どっちもドア」を採用。

 このほか、下段冷凍室に通常の冷凍よりもさらに低温で保存し、冷凍焼けを抑える「新鮮冷凍」や、冷蔵室内を除菌する独自の「プラズマクラスター」機能などを備える。

大きなペットボトルが取り出しやすい「出し入れラクラクライン」
冷蔵室の仕切りはスライドでき、大きな鍋などを入れることもできる
左右どちらからも開ける「どっちもドア」

 多様化するキッチン空間にフィットするため、本体カラーは5色をラインナップ。グラデーションレッド、サテンブラウン、ピュアホワイト、フロストグリーン、ピュアブラックを用意し、最近のキッチンカラーのトレンドに合わせたという。ドア材には強化ガラスを採用している。

 本体サイズは、600×699×1,820mm(幅×奥行き×高さ)。各室の容量は、冷蔵室が260L、冷凍室が150L、野菜室が35L。

グラデーションレッド、サテンブラウン、ピュアホワイト、フロストグリーン、ピュアブラックの5色を用意
最近のキッチンカラーのトレンドに合わせた

(西村 夢音)