ニュース

重量200g、世界初のハンディ洗濯機「コトン」

 ハイアールアジアは、世界初のハンディ洗濯機「HCW-HW1(愛称:コトン)」をAQUAブランドから、3月上旬より発売する。希望小売価格は10,800円(税込)で、本日よりAQUAのオンラインストアでの予約販売を開始する。

 衣類にちょっとしたシミなどを付けてしまった時に便利な「ハンディ洗濯機」。本体で衣類全体を洗濯するのではなく、シミや汚れなどの部分的な汚れを落とす。電源は単四形電池3本。

 コトンでは、少量の水を本体先端から噴射しながら衣類を叩く「押し出し洗い」を採用。ブラシなどによる擦り洗いに比べて生地の傷みが少なく、最短約30秒で汚れを落とすことができる。

 具体的な使い方は本体先端部分の水タンクに水を入れて、汚れが気になる部分に押し当てるようにする。その際、汚れの付着した衣類には衣類用の液体洗剤を少量塗布しておき、衣類の下には付属のマットと、キッチンペーパーなど水分や汚れを吸着するものを置いておく。衣類を叩きながら、少量の水を出すことで、汚れを生地から引き離すことができるという。

製品本体。本体カラーは、左からスカーレットオレンジ、チタンゴールド、コーラルピンクの3色
本体ヘッド部分
キャップを外したところ
先端にセットする水タンク
本体にセットしたところ
お醤油やソース、ワインなどをこぼしてしまった時など、部分的な汚れを落とす時に使う
付属の黒いマットの上にキッチンペーパーをセット
その上に汚れた衣類を載せて、スイッチを入れる
少量の水を本体先端から噴射しながら衣類を叩く「押し出し洗い」を採用
キッチンペーパーに汚れが移る
汚れはすっかりなくなった

 洋服に付着したうどんのつゆやパスタソースなど、衣類全体を洗わなくても手軽に汚れを落とすことができるほか、襟や袖などについた頑固な汚れもコトンで予洗いしてから家庭用洗濯機で洗うことで、より高い洗浄効果を得られるという。

 本体サイズは46×176mm(直径×高さ)で、重量は約200g。本体カラーはスカーレットオレンジ、チタンゴールド、コーラルピンクの3色。

(阿部 夏子)