ニュース

2015年の花粉、北海道を除く東日本は多め。東京と大阪は1.5倍以上に

 日本気象協会(JWA)は、2015年春の花粉について飛散予測を発表した。スギ、ヒノキ、シラカバ(北海道)の飛散予測を中心にしている。

 2015年春の花粉の飛散数は、九州と中国・四国のほとんどの地域では例年を下回り、近畿から北海道にかけては例年並みの所が多いと見込んでいる。

例年比の花粉飛散数。例年並み〜非常に少ない地域が多い

 2014年の飛散数と比較すると、九州と中国・四国は少ないという。ただし、近畿から東北にかけては、前年の飛散数が少なかったため前年よりも多く、特に関東や東北では非常に多くなるとしている。北海道は前年並み。

前年比では、北海道を除く東日本が多く、西日本は少なめ

(中野 信二)