ニュース

独自の4枚刃を備えたハンドブレンダー

 パナソニックは、ハンドブレンダー2機種を10月20日に発売する。価格はオープンプライス。

 税抜の店頭予想価格は、上位機種の「MX-S300」が11,000円前後、下位機種の「MX-S100」が7,000円前後。

MX-S300
MX-S100

 基本的な性能は共通だが、MX-S300にはスピード調整機能があり、チョッパーと泡立て器のアタッチメントが付属する。本体色はMX-S300がブラック、MX-S100がホワイト。

「4枚刃ブレンドカッター」の構造

 両機種とも、独自の「4枚刃ブレンダーカッター」を装備したのが特徴。サブブレード2枚で食材を循環させながら、ストレートブレード2枚で、食材を細かく切削する。野菜や果物が素早く切削でき、スープなどもなめらかに仕上がるという。

 カッターを覆うフードには切り欠きがあり、飛び散りを抑えながら、食材が循環しやすいように設計されている。

 安全装置として、メインスイッチは押しながらスライドさせる「2アクションスイッチ」を採用。チャイルドロック機能も備えており、誤って電源が入らないように配慮されている。

 本体サイズはブレンダーアタッチメント使用時で、64×70×397mm(幅×奥行き×高さ)、重量は0.9kg。

(伊達 浩二)