ニュース

電動歯ブラシ「ソニッケアー」シリーズに初の女性向けモデル

 フィリップスは、音波式電動歯ブラシ「ソニッケアー」シリーズ初の女性向けモデルとして、「ダイヤモンドクリーン HX9313/65」、「ヘルシーホワイト HX6701/43」、「エアーフロス HX8220/02」の3機種を、9月上旬より順次販売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は順に、28,800円前後、9,980円前後、16,800円前後。いずれも税抜き価格。

 今回発売される3機種は、日本市場向けに開発されたもの。日本の桜をイメージした上品なピンクの色みを採用し、女性ユーザーにも強く訴求できる色と考え、製品化したという。歯垢除去だけでなく、女性が気になる「歯の着色汚れ」にも注目し、自然な白い歯に近づける機能も搭載している。

HX9313/65

 「ダイヤモンドクリーン HX9313/65」は、ソニッケアーシリーズの最上位モデル。歯の汚れを高速水流で落とすフィリップスの特許技術“ソニックテクノロジー”と高密度なブラシにより、手磨きと比べて7倍の歯垢除去を実現するという。歯と歯ぐきの境目を磨く「ガムケアモード」を搭載し、歯ぐきの炎症や出血を抑えるのを助ける。着色汚れには、新しく搭載された「ホワイトモード」を利用する。歯の表面に付着したステイン(着色汚れ)を強力に除去し、約1週間で白い歯へ近づけるという。

 付属品には、充電可能なグラスとトラベルケースを用意する。グラスは、本体を置くだけで充電でき、口をゆすぐグラスとしても利用可能。トラベルケースにはUSB端子が付いており、AC電源もしくはパソコンから充電できる。このほか、通常の充電器台、携帯用ブラシキャップ、ダイヤモンドクリーン スタンダードブラシヘッド、ダイヤモンドクリーン ミニブラシヘッド、インターケアー スタンダードブラシヘッドなども用意する。

 本体サイズは、28×31×256mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約135g。使用可能時間は約3週間(1日2回、2分間使用した場合)、充電時間は24時間。

HX6701/43

 「ヘルシーホワイト HX6701/43」は、ホワイトモードやガムケアモードなどを省略したモデル。着色汚れを除去する「クリーン&ホワイトモード」を搭載する。歯全体を2分間しっかりブラッシングした後、特殊な動作で30秒間前歯を磨くことにより、コーヒーや紅茶、タバコなどによる汚れを取り、歯に自然な白さをもたらすという。

 付属品は、充電器、スタンダードカバー、携帯用ブラシキャップ、ダイヤモンドクリーン ミニブラシヘッドを用意する。本体サイズは、33.8×252mm(幅×高さ)で、重量は約148g。使用可能時間は約2週間(1日2回、2分間使用した場合)、充電時間は24時間。

HX8220/02

 「エアーフロス HX8220/02」は、歯間洗浄に特化した電動デンタルフロス。自動連続噴射機能で、30秒ですべての歯間を洗浄できる。フィリップス独自の技術“マイクロバーストテクノロジー”により、ミクロの水滴を時速70kmで噴射し、機械的にバイオフィルムを砕き、毛先の届きにくいい歯間部の歯垢を効果的に優しく除去する。歯間部の虫歯の予防にも繋がるという。

 付属品は、充電器とノズル2本(ピンク/ホワイトチップ)。本体サイズは、33×80×239mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約163g。使用可能時間は、約2週間(上下顎の洗浄1日1回仕様の場合)、充電時間は24時間。

(西村 夢音)