ニュース

東芝、クリーンルームで無菌野菜を作る植物工場を横須賀に建設

植物工場内の栽培イメージ

 東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」を建設する。本日から工事を開始し、本年度上半期に出荷を開始する。

 工場は閉鎖型で、菌の侵入を制限したクリーンルームとし、植物育成向けに光の波長を最適化した蛍光灯、均一な温度と湿度を維持する空調機器、栽培状況を確認する遠隔監視システム、梱包材を消毒する除菌システムなど、東芝が持つ技術とノウハウが活用される。

 栽培されるのは、リーフレタス、ベビーリーフ、ホウレンソウ、ミズナ、スプラウトなど。クリーンルームで育成されるため、土耕野菜に対して付着している雑菌が1/1,000程度に抑制されており、傷みが少なく長期保存が可能としている。

 鮮度が求められるカット野菜やサラダ用をターゲットとしており、スーパーやコンビニ、飲食業者にむけて出荷する。年間生産規模はレタス換算で300万株、年間3億円の売上を見込む。

 将来的には育成環境を制御することで、ポリフェノールやビタミンCを豊富に含んだ機能性野菜も提供する予定としている。

 今回の横須賀に続き、年度内には海外で大規模な植物工場の建設を行なう。また、植物工場向け機器やシステムの販売も行ない、事業拡大を目指すとしている。

(伊達 浩二)