ニュース

温水を使って発電する熱発電チューブの実証実験に成功

熱発電チューブの構造

 パナソニックは、チューブ形の発電素子「熱発電チューブ」を使用して、100℃以下の温水排熱から発電する実証実験に成功した。96℃の温水と、5℃の冷却水との温度差により、246Wの発電を達成し、200時間を越えて安定した動作をしたという。

 熱発電チューブは、小さな温度差から発電できる熱電変換素子をチューブ状に加工したもので、お湯や蒸気などの比較的低温で利用されていない熱から発電が行なえる。

 今回の実証実験はNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)のプロジェクトの一環で、京都市東北部クリーンセンター内で行なわれた。センター内の配管の一部を、10本の熱発電チューブを持つユニット3つに置き換えて行なわれた。

発電実証実験の設備

 今後も、発電検証試験を実施し、信頼性の向上、汎用性の高いシステム開発、熱発電チューブの量産化技術など、実用化に向けての技術開発を行なっていく。

(伊達 浩二)