ニュース

パナソニック、羽根無しで左右にやさしい風を送る扇風機「スリムファン」

〜直径180mmの細型デザインで、今まで置けなかった場所でも使える

 パナソニックは、やさしく揺らぐ風を左右に送る扇風機「スリムファン F-S1XJ」を、5月20日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は35,000円前後。

スリムファン F-S1XJ
使用イメージ
従来モデルの扇風機と比べ、設置面積はほぼ半分になった

 羽根を省いたスリムなポール形の扇風機。本体下部から空気を吸い込み、ポール前面の幅5mmのスリットから送風する。設置スペースは、従来の扇風機のほぼ半分となる180×180mm(幅×奥行き)で、今まで置けなかったスペースにも使用できるという。ポールの直径は70mm。

 送風機構には、パナソニック独自の流体素子技術を採用した。従来の扇風機では、送風の方向を変えるために、羽根やルーバーなどの気流を制御する可動機構を使用していたが、新製品では、ポール内に独自のループ構造を設けることで、羽根やルーバーがなくても風が左右に変化し、広がる風を送るという。また、風が左右交互に移動しながら吹き出すことで、風当たりが良く、やさしく心地良い風が実現できるという。

風は5mmの細いスリットから、左右に広がって吹き出す
ポール内のループ構造の圧力変動を利用することで、ルーバーなしで左右に揺らぐ風が送れるという

 また、パナソニック独自の除菌・脱臭イオン「ナノイーイオン」の放出機能も搭載。運転時に風路内のユニットからイオンを発生し、風に乗ってイオンを広げる。冬場に部屋の隅に置いて、ナノイー発生器としても使用できるという。

 このほか、モーターには省電力のDCモーターを採用。デザイン面では、ポールの外装に高級感を演出するアルミ素材を採用する。

 本体サイズは180×180×950mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約4.2kg。消費電力は3W〜14W。風量は5段階。1/2/4時間のオフタイマー、リモコンも備える。リモコンはポール部上部に取り付けられる。電源コードは1.8m(ACアダプター)。本体カラーはシルバーのみ。

主な使用シーン。オフィスでの使用にも向くという

(正藤 慶一)