記事検索
最新ニュース

ソーラーフロンティア、空き地で太陽光発電所が作れる「小規模発電所パック」

〜一式セットで簡単工事。10年で投資回収の見込み
「小規模発電所パック」の実際の設置例(山口県山陽小野田市の富士商株式会社)

 ソーラーフロンティアは、遊休地に太陽光パネルを設置し、発電した電力で売電できる太陽光発電システム「小規模発電所パック(低圧連系向け)」を、7月より販売代理店に発売した。出力は最小10kWから、一般家庭15世帯に相当する最大50kWまで。価格はオープンプライス。

 小規模の遊休地を持つ個人や企業を対象とした太陽光発電システムのパック商品。内容は、CIS薄膜太陽電池、パワーコンディショナ(パワコン)、地面用の架台、発電計測システムとなっており、約1,000平方m(約300坪)の土地があれば設置できる。また、パッケージ化することで設計や積算の時間が短縮され、1カ月前後という短い期間で設置できるという。

 設置後は、7月に導入された再生可能エネルギーの全量買取制度が利用できる。メガソーラーなど大規模な太陽光発電所の場合、土地の選定や高圧配電線の有無を確認するため、設計から工事完了までに時間がかかるケースもあるが、この小規模発電所パックでは、設置容量を50kW以内に抑えることで、低圧配電線への接続が可能。発電1kWh当たり42円という売電価格が適応される期間中に、太陽光発電設備に関する準備が完了できるという。

 全量買い取り制度を利用した場合、初期投資費用を回収するまでの期間は約10年、年間約15tの二酸化炭素排出量の削減が見込めるという。パネルの出力保証期間は20年。自家発電としても利用できる。

 なお実勢価格については明らかにされていないが、同社では「一般的なオーダーメイド製品よりもかなり安い」としている。





(正藤 慶一)

2012年7月18日 16:34