記事検索
最新ニュース
【4月18日】
【4月17日】
【4月16日】

NetLED、“世界初”Wi-Fiで調光するクラウド型LED照明システム

〜配線工事不要、一般的なLEDより年間20万円のコスト削減も
NetLEDのシステム利用イメージ

 NetLED株式会社は、Wi-Fiなど無線LANを利用して、LED照明の調光管理などができるクラウド型のLED照明システム「NetLED(ネットエルイーディー)システム」を、2月20日からビジネスユース向けに販売する。導入価格の目安は10万円程度から。

 Wi-Fi機能を内蔵した、40W形の直管型白色LED照明「NetLED照明管」を、インターネット上で監視・管理する“世界初”のLED管理システム。ユーザーは、同社が提供するクラウドサーバーに接続することで、NetLEDの照明が1本単位で管理できる。稼働状況、消費電力の確認といったことから、1〜21W間での調光制御、電源のON/OFF、タイマー予約なども管理できる。

 同社の試算によれば、NetLEDを200本設置した場合、NetLEDシステムの調光効果により、調光なしのLED照明200本と比べて、消費電力量を半減し、1年間で約20万円のコスト削減に繋げられるという。さらに、CO2排出量も半減するため、エコロジーにも貢献できるという。

 NetLEDシステムを利用するには、NetLED照明管をはじめ、照明管とWi-Fiで通信する「ゲートウェイシステム」、パソコンやスマートフォンなどの操作端末が必要となる。また、Wi-Fi機能を省いた“子機”の照明管「NetLEDスレーブ管」も用意される。NetLED照明管1本で、最大3本のNetLEDスレーブ管が同時に制御できるという。

 導入の際には、施設側に調光制御盤やスイッチパネル工事、配線工事などは不要。同社が提供するクラウドサーバーやゲートウェイシステム、スマートフォンやパソコン用のソフトウェアも、無料で利用できる。iPhone用のアプリは既に用意されており、iPad版、Android版は今夏にリリースされる予定。

 ハードウェアの参考価格は、NetLED照明管が1本19,800円、NetLEDシステムスレーブ管が1本14,000円。ゲートウェイシステムは60,000円で、1セット当たり100本までのNetLED照明管が制御できる。

NetLED照明管 iPhone用のアプリ「NetLED コンソール」

 同社では、本システムのターゲットをオフィスや倉庫、工場や商業施設に設定。「外光が入る部分、そうでない部分の明るさを、時間や季節ごとに調光する」、「ひとがいる場所と、そうでない場所を調光する」といった利用シーンを想定している。

 NetLED照明管の本体サイズは30×1,198mm(直径×高さ)で、重量は420g。口金はG13。色温度は4,500K〜5,500K。照射角度は160度。設計寿命は約40,000時間。使用LEDは日亜化学など。






(正藤 慶一)

2012年1月18日 16:11