記事検索
最新ニュース

三洋、電池が熱くならない“おもちゃ向け”ニッケル水素電池
「eneloop plus」

eneloop plusの4本パック「HR-3UPT-4BP」

 三洋電機は、ニッケル水素電池シリーズ「eneloop(エネループ)」の新ラインナップとして、電池の温度が上がりにくい「eneloop plus(エネループ プラス)」を追加、12月1日に発売する。

 希望小売価格は、単三型2本セット「HR-3UPT-2BP」が未定。4本セット「HR-3UPT-4BP」と充電器と単三型4本がセットになった「N-TGN01PS」はオープンプライスだが、店頭予想価格はいずれも未定。

 充電して繰り返し使える単三型のニッケル水素電池で、電池本体の温度が上昇しにくい点が特徴。電池本体内に過温度防止機能を搭載しており、万が一の誤使用時にも、電池の温度上昇を抑えられるという。

 過温度防止機能としては、電池内部にポリマー系のPTCサーミスタを搭載。温度がある程度まで上昇すると、急激に抵抗値も上昇させ、電池の温度上昇を防ぐ効果があるという。PTCサーミスタは、車のパワーウインドウの挟み込みを防止する機能や、リチウムイオン電池にも採用されている。

 同社ではeneloop plusについて、熱による安全性が高いことから、子供のいる家庭で、ゲームやおもちゃ、ラジコンなどの玩具にお勧めとしている。

充電器とのセットも用意される 電池本体
誤使用した場合に、過剰な温度上昇を防止するPTCサーミスタを搭載する おもちゃを使う子供が居る家庭にお勧めという 三洋の調査によると、乾電池ユーザーの主な用途のうち、「玩具」と「ゲーム」が9%といいう

 これ以外の性能については、通常のeneloopと同じ。繰り返し使用回数は1,500回。自己放電抑制技術も採用しており、3年後のエネルギー残存率は約75%という

 eneloop plus 単三型のサイズは14.35×50.4mm(直径×高さ)で、重量は約27g。公称電圧は1.2V。本体カラーはホワイト。初期出荷時の充電には太陽エネルギーを利用。すべてのeneloopシリーズの充電器に対応する。現時点で単三型以外の電池は用意されない。

基本的な機能は、通常のエネループと同じ。繰り返し使用回数は1,500回。自己放電抑制技術も採用している 「eneloop pro」はヘビーユーザーに、「eneloop plus」は子供がいる家庭にお勧めという 三洋電機は、6月16日から開催される「東京おもちゃショー2011」にブースを開設するという

ニュースリリース
http://panasonic.co.jp/sanyo/news/2011/06/09-1.html




(正藤 慶一)

2011年6月9日 13:00