記事検索

【年末特別企画】

やじうま大掃除ウィーク:ケーブル周り編

〜ケーブルやキーボードにまとわりつくホコリを徹底除去!
by 小林 樹

 パソコンやオーディオ機器の裏側やラックの下には、塵も積もって山となったホコリが溜まっている。今回はこれらのホコリを一挙に除去してくれるアイテムを2つ紹介しよう。

懐かしの“スライム”がホコリをキャッチ! 〜アイリスオーヤマ「キーボードクリーナー サイバークリーン ボトル入り」

アイリスオーヤマ「キーボードクリーナー サイバークリーン ボトル入り」

 とにかく手軽に、ホコリを取り除きたい方にオススメなのが、アイリスオーヤマの「キーボードクリーナー サイバークリーン」だ。

 サイバークリーンは、一見“スライム”状のブヨブヨした固形物。だが、電子機器の凸凹やキーボード、リモコン、ケーブルといった細かい隙間に押し付けてはがすだけで、ゴミやホコリを取り除いてくれるというクリーナーなのだ。

 


メーカー アイリスオーヤマ
製品名 キーボードクリーナー サイバークリーン ボトル入り
購入場所 ヨドバシカメラ新宿マルチメディア館
購入価格 780円

 

 本体は、饅頭のような形で握りやすい。サイズは約75×80mm(直径×高さ)、重量は約145g。カラーは鮮やかな蛍光イエロー。塩化ベンザルコニウム、メチルパラベン、プロピルパラベン、エタノール、水、ホウ酸、ジアゾリニルウレア、香料といったものからできているそうだ。使用の際には、水も洗剤も必要ない。

使用前は密封されている ボトルに入った状態 ブヨブヨと柔らかく、ツルツルした質感

 さっそく、ホコリの溜まりやすいPCのキーボード、無線LANのルータ周り、リモコン、アンプの上、スピーカー、ピアノの隙間……といった場所に押し当ててみたところ、いずれも軽い力でホコリがちゃんと取れる。付属のボトルに戻せば、乾いて変色するまで何度も使えるという。

ホコリを取る仕組み。除菌もできるとしている 電源を落としたPCのキーボードに押し付ける ホコリを取った後
PCキーボードのbefore→after
無線LANルータ周りのbefore→after
リモコンのbefore→after
アンプの上のbefore→after
 

 従来、こういった細かい隙間やケーブル周りの掃除は、ブラシで掻き出したり、クロスで拭くことが多かったが、サイバークリーンならホコリも舞わず、静電気が起きないのも嬉しい。

 また、サイバークリーン自体にホコリを吸着させるため、奥にホコリを押し込んでしまうことがない。スピーカーやピアノのような繊細なものにも使えた。

ホコリをかぶっていたスピーカー周り サイバークリーンを使った右側上部のみ、ホコリが取れている
水拭きできないピアノの隙間のホコリも取れる 空拭きと違い、静電気が起きず、ホコリが舞わないのが嬉しい

 細かい部分のホコリを簡単に取り除きたい方、繊細な精密機器をきれいにしたい方には、ぜひ試していただきたい。

アイリスオーヤマ
http://www.irisohyama.co.jp/
製品情報(直販サイト)
http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H518613F

掃除機を使って頑固なホコリも一気に吸引! 〜サンワサプライ「バキュームアタッチメントキット CD-83KT」

サンワサプライ「バキュームアタッチメントキット CD-83KT」

 上で紹介したサイバークリーンは、比較的狭い範囲のホコリを取り除くのに適したクリーナーだったが、サンワサプライの「バキュームアタッチメントキット CD-83KT」は、それよりもさらに広範囲のホコリが取れるクリーナーだ。

 


メーカー サンワサプライ
製品名 バキュームアタッチメントキット CD-83KT
購入場所 ヨドバシカメラ新宿マルチメディア館
購入価格 924円

 

 CD-83KTは、掃除機の先端に取り付けて使用するホコリ除去用ノズルのセットだ。一式には、長さ約90cmのクリアホースと、2つのアダプター、3つのノズル、2つのブラシが含まれる。掃除場所や、ホコリの量に合わせて、ノズルとブラシが選べる。なお、対応する掃除機は、内径2.9〜3.3cmのものという。


掃除場所や、ホコリの量に合わせて、ノズルやブラシが選べる
長さ約90cmのクリアホース 右から反時計回りに、「中ブラシ/サブアダプタ/アダプタ」、延長ノズルにセットした「小ブラシ」と「すき間ノズル」 掃除機の先端に取り付けて使用する

 CD-83KTの長所は、掃除範囲が広いこと。CD-83KTでは家庭の掃除機を利用するので、もともと掃除機用の電源コードが長いうえ、クリアホースの長さが約90cmもある。部屋中の棚の上や下、裏側までノズルの先は届く。さらに、クリアホースは柔軟で、ノズルの先は細く、掃除機や手では届かない場所にも入る。先端に付けたブラシは、ホコリを吸い込みながら絡み取り、吸い込み残しはほとんどなく、きれいに仕上がる。

ブラシは、ホコリを吸い込みながら絡み取る 結束したケーブルの間のbefore→after

 吸引力はそのまま掃除機のパワーを利用するので、大量に溜まったホコリも一気に吸い込む。家具の裏側や、ケーブル周りなどに積もったホコリを取り除くには、パワーのあるCD-83KTがピッタリだ。

 なお今のところ、ノズルやブラシを接続した部分から、空気やホコリが漏れてしまう、という問題も起きていない。

普段なかなか掃除できない、棚の下。細かい電源周りもしっかり吸引 棚の下のbefore→after
棚の間でとぐろを巻いたコード周りのホコリを取る コード周りのbefore→after

 今回、サイバークリーンとCD-83KTによって、家中の目立ったホコリは除去できた。この2つのクリーナーだけで、機器の細かい部分から、棚の下や電源周りまで、ホコリ退治の守備範囲が広がる。

 特に普段見えない部分には、ゴッソリとホコリが溜まっているものだ。せっかく空気清浄機やイオン発生器を使っていても、細かいところにホコリが積もっていたのでは、元も子もない。この機会にきれいさっぱりして、気持ちよく新年を迎えてみてはいかがだろうか。

サンワサプライ
http://www.sanwa.co.jp/
製品情報
http://www.sanwa.co.jp/product/syohin.asp?code=CD-83KT


 2011年のやじうま大掃除ウィークはこれで最終回。沢山ある掃除グッズの中から、編集部員のおすすめグッズを5日に渡って紹介してきたわけだが、いかがだったろうか。年末に向けてせわしなく過ぎていく日々の中で、今回の特集記事が、少しでも皆様のお役に立つことができれば幸いだ。






2011年12月16日 00:00