記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

シンシア「RUPU(ルプ) SPORTS WATCH」

〜軽量で肌にやさしいシリコンバンドウォッチ
by 小林 樹


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです



シンシア「RUPU SPORTS WATCH」

 腕時計をなくしてしまった。夏場は革のベルトが蒸れるので、運動中は外すようにしていたのがいけなかった。そこで運動中でも使える腕時計はないかと探していたところ、この超軽量腕時計「RUPU(ルプ)」を知った。



メーカー シンシア
製品名 RUPU SPORTS WATCH
希望小売価格 1,050円
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 1,050円

 RUPUはリストバンド感覚で付けられる、細くて小さいシンプルな腕時計だ。普通のスポーツウォッチというと、もっと大きくてゴツいイメージがあるのだが、RUPUは15色のカラーバリエーションがあり、スポーツウェアだけでなく、普段着にも合わせられそうだ。バンド部分はシリコンラバーでできているので、肌に優しく、汗でかぶれたりかゆくなることがないという。

文字盤はデジタルで日付と時間が交互に表示される 「トルマリン樹脂パウダーなどが含有され、マイナスイオンと赤外線を放出し、癒し効果や日常生活からのストレスを解放してくれる作用がある」と謳われている 裏には日付と時刻の初期設定の説明が書かれている

 サイズはSサイズの手首周りが14cm、Mサイズが16cm、Lサイズが18cmの3種類だ。今回はMサイズを購入した。私の手首の周囲は約13cmなので、少し余裕があるが、抜けてしまうほどブカブカではない。Sサイズは手首の細い女性や、子供向きだろう。重さを計ってみたら、10gちょうどだった。通勤や仕事中につけて過ごしたが、ほとんど重さを感じない。

手につけてもほとんど重さを感じない 文字盤の裏。2つのボタンをペン先でつついて日時を調整する
加圧トレーニング中

 では、運動している時はどうか。RUPUを腕につけたまま、週一で通っている加圧トレーニングに行ってきた。軽い負荷でも非常にキツく感じるので、できれば時計などはつけないほうがいいのだが、今回はトレーナーの方に10gという時計の重さを伝えた上で、様子をみながらやってみようという話になった。トレーニング中は時計の重みを全く感じない。シリコンバンドに自分の体温が移って、肌にしっくりとなじみ、金属の時計のようなひんやりとした異物感がなかったからだろう。

 腕や足の筋トレを30分続けた。バンザイの格好をしたり、四つんばいになったり、腕を振り回したり、結構アグレッシブに動き回ったが、どんなに動いてもRUPUが手首から抜ける事はなかった。運動後はじんわり全身から汗をかいたが、バンドが細いからか、革の時計のように蒸れてかゆくなることはなかった。もし汗や水滴がついても、タオルでサッと拭けばいいだけで楽だった。RUPUは日常生活防水(3気圧防水)なので、トレーニング後に手をしっかり洗う時も、いちいち外す必要がないのが嬉しい。

バンドの裏には滑り止めがついている 水滴が飛び散る程度なら問題ないが、水中での使用は不可とのこと 売り上げの一部は“Save the Beach”という団体に寄付されるそうだ

 次に、お盆に祖母の家に帰省した折、毎日外をウォーキングしている祖母に付けてもらった。祖母はウォーキング中は極力身軽でいたいといい、携帯電話や腕時計を自宅に置いたまま歩きに出るので、すぐに時刻がわからず困ることがあるという。一応ポケットには時計機能のあるオムロンの3D歩数計「ウォーキングスタイルHJ-305」をいれているのだが、わざわざ取り出すのが面倒なのだそうだ。

「軽くていいわね」と、しげしげと眺めていた オムロンの3D歩数計「ウォーキングスタイルHJ-305」と並べてみた

 細腕の祖母にMサイズはちょっと大きかったようだが、文字は十分に読めるという。祖母は金属アレルギーなので、シリコンなのも肌触りがよく感じるそうだ。値段が1,050円だと伝えると、驚いていた。万が一、どこかにぶつけて壊してしまっても、水没させてしまっても、まぁ許せる価格だ。

ただ、トレーニングをしたり、ランニングしていると、いつのまにかバンドが回って、文字盤が手首の裏に回って見えなくなる。バンドの裏には滑り止めがあるが、おそらく私にはMサイズのバンド自体がゆるすぎたのだろう。文字盤が回ってしまうのが嫌な人は、ぴったりのサイズを購入したほうがいい。ただし、くれぐれも手首をしめつけすぎないよう注意していただきたい。

 RUPUはシーンや世代、性別を問わず使えるデザインなので、家事やジョギング、ウォーキング、山登り、ゴルフ、プール、フェス…人それぞれのライフスタイルに合わせた使い方ができる時計だと思う。特に残暑も厳しいと言われる今年は、スポーツ時以外での出番も多そうだ。親子で色違いでつけるのも良いだろう。外遊びの多い子供用にうってつけかもしれない。



2010年 8月 20日   00:00