記事検索
バックナンバー

やじうまミニレビュー

アイアン「カラテマスター」

〜空手の「板割り」の爽快感を楽しむ
by 正藤 慶一


やじうまミニレビューは、生活雑貨やちょっとした便利なグッズなど幅広いジャンルの製品を紹介するコーナーです





 今回紹介する製品は、空手の「板割り」が簡単に味わえる「カラテマスター」という製品だ。

 「板割り」は、分厚い板を正拳突きや手刀で真っ二つに割る、空手のパフォーマンスのひとつ。記者は格闘技など一度もやったこともないが、分厚い板をいとも簡単にバキッバキッと割っていく様は、見ていて痛快、爽快そのもの。チャレンジしてみたいと思うが、格闘技はおろかスポーツもしない私のひ弱な体では、板を割るどころか自分の骨を折ってしまいそうだ。

 しかし、カラテマスターなら大丈夫。なぜなら、購入した時点で板はほとんど割れているからだ。


メーカー アイアン
製品名 カラテマスター
型番 IR-8054
購入価格 3,780円
購入店舗 楽天市場

 カラテマスターのパッケージを開けると、中からは板割りに使用する天然木の板が3枚入っている。実はこの時点で、板はすでに半分に割れている。つまり、合計6枚の板が同梱されていることになる。

カラテマスターのパッケージ。輸入品のため、パッケージにはアルファベットが並んでいる パッケージ内容。手前の6枚の板が板割りに使用するもの。この板に左上のウッドチップを挟んで使用する。右上の2枚の板は、板割りの板を立たせるためのもの

 この6枚の板の“割れ目”には、細い溝が刻まれているが、これが簡単に板割りをするためのポイント。この溝に、本体に同梱されている小型の板「ウッドチップ」を挟み込み、板の片割れを合わせ、2枚の板を1枚にドッキングする。あとは、この境目をめがけて拳および手刀をぶつけることで、ウッドチップだけが割れ、あたかも板が2つにパッカリと割れたように見えるのだ。

 ウッドチップは初期購入時に76枚同梱され、板の溝に1〜5枚まで入れられる。より簡単に割りたい場合はウッドチップの数を減らし、より頑丈にしたい場合は増やすなど、強度の調節が可能だ。

 なお、板割りの際には、2つの台の上に板を載せ、その上から叩くというスタイルになる。「あれ、これって板割りというよりか、“瓦割り”に近いのでは……」と思ったが、この際細かいことは気にしないでおく。

使用手順。まずは板に刻まれた溝の中に、1〜5枚のウッドチップを挟む 次に、溝にウッドチップを入れたまま、板を重ね合わせる これを3枚重ね合わせて、台の上に載せて準備完了。どちらかというと「瓦割り」のスタイルに近い

 それでは板割に挑戦。まずは、板3枚の中に、それぞれウッドチップ2枚を溝に入れてみた。ちなみに、説明書には「割るときには手袋」と書いてあったが、あいにく手袋がないため、板の表面にタオルを敷いた。

ウッドチップを2枚入れた板を3枚重ねて割ってみた

 結果は上の動画の通りで、見事に全部割れた。なーんだ、結構簡単に割れるじゃないか。しかも、板が割れる「バキッ」という乾いた音も意外とリアルだ。特にストレスが溜まったわけではないつもりだったが、気持ちがスッとした。正直に言って、かなり爽快だ。タオルを敷いたこともあって、痛さもまったくない。

 ちなみに、ここで割れたウッドチップは、当たり前だが再利用できない。販売会社のアイアンでは、スペア用のチップも取り扱っているとのことだ(価格は150枚入りで1,800円)。


 さて、ウッドチップ2枚で簡単に割れたんだから、もっと入れてもチョロいだろ……と思い、板×3枚にそれぞれウッドチップ×5枚を挟んだ、この製品単体での最高スペックで望んでみた。その結果が以下の動画だ。

今度はウッドチップを5枚入れ、3枚重ねで割ってみようとしたが……

 結果は、何と一枚も割れなかった……やはりひ弱な私にはウッドチップが多すぎたようだ。ちなみに、板×2枚のウッドチップ×5枚でも割れず、板×1枚のウッドチップ×5枚でやっと割ることができた。力に自信のある人はウッドチップを増やし、逆に腕に自信の無い人は、ウッドチップを減らすのが良いだろう。

ウッドチップを5枚セットすると、かなり強度が高くなり、なかなか割れない 板割り後のウッドチップ。ボキッと折れているため、使い捨てとなる

 注意点は、必ず手袋かタオルを敷いて使用すること。板の表面にはクッション素材が付いているものの、力を込めて叩けばやっぱり痛いのだ。

 基本的にはパーティや宴会などの余興として使うものだろうが、板を「バキッ!」と割った後の爽快感はかなりのもの。ストレス発散にも効果があるだろう。また、ウッドチップを多く挟んで強度を高めれば、腕試しのためのグッズとしても使えるかもしれない。

 これを使えば、君もすぐに空手家、空手マスターになれる! ……とはさすがに言えないが、少なくとも空手の爽快感は確実に味わえる。話の種やストレス解消に使ってみてはいかがだろうか。



2009年 6月 16日   00:00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.