記事検索
バックナンバー

家電製品ミニレビュー

パナソニック「ラムダッシュ ES-GA21」

〜1万円以下で味わう爽快感、WET剃り用のラムダッシュ
by 正藤 慶一

パナソニック「ラムダッシュ ES-GA21」
 この仕事をしていて良かったことのひとつに、高級なシェーバーを使う機会に非常に恵まれていることがある。パナソニックの「LAMDASH(ラムダッシュ)」に、ブラウンの「Series7(シリーズセブン)」、フィリップスの「アーキテック」などなど……どれも剃り心地がよく、肌にやさしい深剃りができる製品ばかりだった。

 とはいっても、これらの高級シェーバーは性能の高さに比例して当然ながら値段が高いため、簡単には手が出せない。できれば、1万円以下で買える手頃な中級機種で、しかも使い勝手が良いものがあれば、そちらを選ぶというのも現実的な選択肢としてあるだろう。

 1万円以下で買えてしかもよく剃れるシェーバーはないものか……と思い、そこで購入したのがパナソニックのシェーバー「ラムダッシュ ES-GA21」だ。Amazon.co.jpでは、1万円以内で購入できた。

メーカー パナソニック
製品名 ラムダッシュ ES-GA21
希望小売価格 オープンプライス
購入場所 Amazon.co.jp
購入価格 8,780円


 8千円台という購入しやすい価格について「ラムダッシュって、パナソニックの高級シェーバーシリーズじゃなかったの?」と疑問をお持ちになる方もいるだろう。実はラムダッシュシリーズには「4枚刃」タイプと「3枚刃」タイプがあり、このES-GA21は3枚刃を採用した中位モデル。高級モデルで搭載されている、アゴ下のクセヒゲを根元から捕らえる「フィニッシュ刃」や、ヘッドが前後左右に動いて肌に密着しやすい「密着トレースヘッド」などの機能が省かれている。

 高級モデルと一緒なのは、内刃の刃先の角度を30度に尖らせ、エッジを0.3μmまで小さくした「30°内刃」と「ナノエッジ刃」。肌に負担をかけずに深剃りができるという。さらに、刃物で多く使われている「安来鋼」を使用することで、刃が摩耗しにくい「ステンレス刃物鍛造刃」、外刃に丸みを持たせてアゴ下にも密着しやすい「マルチフィットアーク刃」も備えている。機能の違いは以下の表を参考にしていただきたいが、上位機種ならではの機能は省かれているものの、ヒゲをカットする基本はほぼ引き継いでいる、ということがいえそうだ。

外刃は3枚刃。刃が磨耗しにくい「ステンレス刃物鍛造刃」を採用する 内刃には、刃先の角度を30度にし、さらに刃先を極小化した「30°内刃」と「ナノエッジ刃」を採用。剃り味を向上している 肌に密着しやすいよう、外刃に丸みを持たせた「マルチフィットアーク刃」も搭載

【ラムダッシュシリーズの機能比較(一部)】
シリーズ名 ラムダッシュ
型番 ES-LA92 ES-LA82 ES-LA72 ES-LA52 ES-LA12 ES-LC60 ES-GA21
刃の枚数 4枚刃 3枚刃
絞り出しソニック - - -
密着フロートヘッド - - -
フロートヘッド - - - - -
フィニッシュ刃 - -
30°内刃
ナノエッジ刃
ステンレス
刃物鍛造刃
マルチフィット
アーク刃
駆動方式 リニアモーター駆動(1分間に約14,000ストローク) リニアモーター駆動
全自動洗浄
充電器
- - - -
WET剃り - - - - - -
充電表示 液晶 5段階
表示
充電催促/
充電中
3段階
表示
充電催促/
充電中
ケース ソフトケース ポーチ
実売価格※ 29,800円 24,480円 22,580円 18,990円 15,980円 14,673円 8,780円
※Amazon.co.jp、10月30日時点の価格

最大の特徴は、WET剃りに対応している点。パッケージも水しぶきが描かれている
 しかしES-GA21には、上位モデルにはない特徴がある。それは、“WET剃り(ウェットシェービング)”ができる点。簡単に言えばバスルームでシェーバーを使うだけのことだが、肌が温まるのでヒゲが柔らかくなり、根本から剃りやすくなるという効果が期待される。また、石鹸やボディーソープを使うことで、“剃り負け”を防ぐ効果もある。床屋さんでヒゲを剃ってもらうときに、蒸したタオルを載せるのと同じ要領だ。

 実を言うと、ラムダッシュシリーズは全モデルで水洗いに対応しているため、WET剃りに使えないこともない。しかし、メーカーが正式にWET剃りへの対応を明言しているのは、このES-GA21だけ。電源コードを接続して充電中に、電源スイッチがONにできないのも、誤って感電してしまわないよう、という安全面への配慮と思われる。

感電を防ぐための配慮だろうか、充電しながらの運転はできない

 前置きが長くなったので、そろそろ使ってみよう。まずはバスルームではなく、普通に“ドライ”でシェービングをスタート。うん、“チョリチョリ”という軽快なカット音は、高級モデルのラムダッシュとまったく同じ。なかなか良い感じだ。

 しかし、肌へのフィット感がイマイチで若干剃り残しが気になる。さらにいえば、シェービング時の滑らかさも欠けるきらいがある。というのも、高級モデルでは「密着フローティングヘッド」によりヘッドが前後左右に動くため、顔の曲線に“ヌルリ”とスムーズにフィットする。そのため、顔との密着度が高く、いとも簡単にヒゲが剃れてしまう。一方でES-GA21は、ヘッドが左右に動く「フロートヘッド」は備えているものの、さすがに“前後左右”の高級モデルとは違い、ヘッドの滑らかさは落ちる。また、刃が4枚ではなく3枚のせいか、肌にかかる負荷も強め。肌が弱い人にはつらそうだ。

ES-GA21はのヘッドは左右に動く「フローティングヘッド」仕様となっている

 続いてお風呂に入ってWET剃りに挑戦。泡立てた洗顔用石鹸を顔に付け、シェービングすると、その感触はとても滑らか。顔の曲線もフロートヘッドで十分にスルッと通るので、明らかにドライよりも使い心地が良い。なお、石鹸や洗顔剤は、よく泡立てた方がスムーズにシェービングできる。

 WET剃り後は、ドライよりも肌がツルツルで、ラムダッシュの高級モデルで剃った時の感触に似ている。しかも、WET剃り独特の爽快感もある。肌にかかる負荷は依然高めだが、ドライ剃りよりも幾分和らいでいる。正直に言って大満足だ。

WET剃りに使ってみたところ、ドライよりもヘッドの動きがスムーズ。とても使いやすかった 使用後すぐに石鹸などでヘッドが洗えるのも、WET剃りの特徴。説明書によると、WET剃り後は刃に専用オイルを付ける必要があるという 上から、シェービング前、ドライ剃り後、WET剃り後の記者の顔。WET剃りは頬がツルツルでとても爽やかだった

 高級モデルとの差は明確にあるが、WET剃りによって高級モデルに近い剃り味が味わえるというのは、かなりおトクな商品といえるだろう。特にウェットシェービングを愛好している人にはお勧めだ。また、T字カミソリからの移行を検討中の人にも向きそうだ。逆にドライシェービング派の人は、剃り味がよりスムーズな高級モデル、または、用途を割り切って、より廉価モデルを選ぶという選択肢もあるだろう。

 ヒゲが濃い体質に生まれたことを恨んだこともあったが、WET剃りでスムーズに剃れた後の爽快感は、大げさだが一瞬だけでも“ヒゲが濃くて良かった!”と思わせるものがあった。ラムダッシュのWET剃りにしばらくハマってしまいそうだ。


2009年11月4日 00:00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.