ぷーこの家電日記

第116回:今年の新年と、いつかの新年の婚活

 2016年明けました。新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 今年は帰省せずに東京でのお正月を満喫することに。夫と二人でお正月を迎えるのも実は初めて。短い休みを満喫せねば! おせち料理はそこまで好きでもないので、夫の好きな数の子を仕込んで、私の大好きな黒豆を作って完了(笑)。

 大晦日は、築地散策をしながらお正月の食材やちょこっとおせち料理を買ったりした。ブリを4分の1身(私たち夫婦は福岡出身。博多雑煮にはブリが入る)、なまこ2匹(私の実家では正月になまこをいっぱい食べる)、お正月の海老、年越し蕎麦、お酒などなどタップリ買って満足で帰宅。

 夜はブリの刺身をつまみにお酒を飲みつつ、テレビを見ながら、鰹節を削ったりしながら年越し蕎麦の準備。それから居眠りしていて、ハッと目をさますと年越しまであと3分。年越した蕎麦になっちゃった(笑)。

 年明けの朝は正座して挨拶して、おせちを少しずつつまんで、お雑煮食べて、そしてお酒も(笑)。だらだらごろごろ寝正月最高!

 特別なことは何も無いけれど平和で楽しい新年を迎えた中、ふと思い出した。

 3年前、私34歳。自他共に「あ、一生結婚しないだろうな」と言ってる独身生活を送っていた。

 年末に「来年は婚活をする!」と決めたんだ。「結婚がしたい!」というよりも、このままダラっと過ごして、後悔したら嫌だなと思った。ひとまず全力で頑張ってみると、自分が結婚したいのかしたくないのかも分かるだろうし、それで「やっぱり一人がいいや」って思ったら、それはそれで発見だし、やってみる! と、あるお見合いサイトに登録してみたのです。

 登録手続きなどを年末に済ませて帰省。年明けに戻ってきてから、地味に活動開始。ついでにお見合いパーティーとやらにも申し込んでみた。よし、一年の計は元旦にありと言うし、ちゃんとスタートダッシュ切ったぜ!!! なぁんて、軽く希望にあふれる私。

 1週間くらいで、もうなんだか病みそう。詳細は割愛するが、何というか結婚うんぬんよりも、私という人間そのものの存在自体が否定されている感じに打ちのめされるのだ。「わ、わたし……、もうダメだ」と、年始早々ものっすごく凹む。
それでも申し込んでいたお見合いパーティーに行くことに。

 前日に何を着ていけばいいんだ? 清楚なワンピース? いや、気合い入れすぎって引かれる! 大人っぽく? いや、あざとい! などと1人で悩んでいる時に友達から「お年始で蟹をいただいたんだけど、明日空いてない?」とメッセージが。「明日は夕方から用事(お見合いパーティー)があるんだけど」と返事したら、「じゃぁランチで!」と、お昼にお友達の家でカニ鍋を頂くことになった。

 昼過ぎに友達の家に行って、「実はさー、婚活というものを始めてさ」と、突きつけられる現実の話などを友達に話しながら、美味しいカニ鍋とお酒をたっくさん頂きました。

 「それでは行って参ります!」とみんなに見送られる中、お見合いパーティーに行ったんだけれど、お酒で完璧に出来上がってる私。真剣度合いゼロですし上手くいくはずもなく、逆にお酒飲んでてよかったわーと思えるほどの撃沈で帰宅。「もう嫌だー!!!」と布団に顔を埋めてジタバタしながら、2週間程の短い婚活に終止符を打ったのでした。

 そんな婚活したと言っていいのかも分からない短期間だけれど、思い出すだけで苦しい(笑)。穏やかな年明けありがたい!

 簡単に言うと、お酒飲んで食べて寝てというだけの何の身にもならない連休だったけれど、穏やかで楽しく、短いお休みも大満足だったのであります。

 家電量販店の初売りに張り切って並んでみて、毎年話題になる福袋を買ってみたいなぁと思っていたけれど、出かける気力も出なかった(笑)。また来年でもチャレンジしてみようかなー。

 お休みも終わって通常の生活に戻ったんだけれど、早速初風邪をひいております。ひき初め。結構風邪が流行っているみたいなので、皆様もお気をつけくださいませ。

徳王 美智子

1978年生まれ。アナログ過ぎる環境で育った幼少期の反動で、家電含めデジタル機器にロマンスと憧れを感じて止まない30代後半。知見は無いが好きで仕方が無い。家電量販店はテーマパーク。ハードに携わる全ての方に尊敬を抱きつつ、本人はソフト寄りの業務をこなす日々。