家電Watch logo
記事検索
バックナンバー
【 2009/03/30 】
やじうまミニレビュー
DO-SEE「LEDライト付きスタンドルーペ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
ツインバード「コンパクトフライヤー EP-4694」
[00:01]
【 2009/03/27 】
家電製品ミニレビュー
三菱「蒸気レスIH NJ-XS10J」
[00:02]
やじうまミニレビュー
L.L.Bean「ボート・アンド・トート・バッグ」
[00:01]
【 2009/03/26 】
やじうまミニレビュー
アイリスオーヤマ「サイバークリーン」
[00:01]
家電製品長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」(4/4)
[00:00]
【 2009/03/25 】
やじうまミニレビュー
オーエフティー「自動給餌機 Newビストロ」
[00:01]
家電製品ミニレビュー
日立「クリエア7 EP-CV1000」
[00:00]
【 2009/03/24 】
やじうまミニレビュー
「家庭菜園 かいわれくん」
[00:02]
長期レビュー
シャープ「プラズマクラスターイオン発生器&加湿空気清浄機」 (4/4)
[00:01]
【 2009/03/23 】
やじうまミニレビュー
撥水ペーパーのメモ帳と“現場仕様”のボールペンを試す
[00:01]
長期レビュー
三洋電機「eneloop bike」 (3/4)
[00:00]

やじうまミニレビュー
PLUS「ケシポン」

〜押すだけで個人情報を保護できるスタンプ
Reported by スタパ齋藤

PLUSの個人情報保護スタンプ「ケシポン」はこんなパッケージで売られている!! ボディカラーは青と赤だが、スタンプの柄・色は同じ。ポンと押すだけで個人情報の印刷を隠せるスタンプなのだ
 個人情報を隠すのが面倒臭ぇ〜ッ!! とか思いがちな俺。いや、自分に関わる情報がテキトーな感じで漏洩したら困るんですけど、しかし、漏洩しないための手間がけっこータイヘンである。

 例えば毎日のように届くダイレクトメール。ゼンッゼン要らねぇ郵便物ではあるが、自分の住所氏名が印刷されているので、そのままポイというのも……。じゃあ、というコトで、サンスター文具の「シュレッダーはさみ」を使っていたが、連日、ダイレクトメールの類をチョキチョキするのも、やはりカッタリィのである。

 そんな拙者が便利な道具と遭遇。PLUSの個人情報保護スタンプ「ケシポン」である。店頭で見た瞬間便利であるに違ぇねえ!! と感じたので、即購入。メーカー希望小売価格は997円。Amazon.co.jpでの購入価格は979円だ。

 ケシポンは、見ての通りスタンプで、名前のとおり“個人情報を消すため”に存在する。使い方は、震撼し慣れた全米も改めて震撼しなおすほど超激簡単で、ダイレクトメール等の宛名部分にポンとスタンプするだけで良い。宛名部分に英文字列からなるパターンが上乗せされ、宛名を読めなくしちゃうのである。

 これまで、ハサミで切ったり、ボールペンでグジャジャジャッと消し潰したり、あるいは宛名部分を千切ったり丸めたりして、個人情報を隠蔽してきた我々だが、今後は、スタンプ一発ポンで宛名とか消せちゃう!? という存在である。


一見、どこにでもありそーなスタンプ。インクは内蔵式……って言うんでしょーか、インクが内部に染み込んでいて、スタンプ台を使わずに何度も押せるタイプだ
スタンプ面はこんな感じ。謎の文字列が見え隠れする
スタンプを押すとこんな柄に。英文字が様々な方向を向いて並んでいるだけだが……

 使用感は普通一般のスタンプゆえ、そのあたりの評価はよしとして、個人情報を隠すためのスタンプとして考えると、コレは使える。便利。てか、既に激しく使用中。後述する難点、というか、適さない使い方もあるが、マジ便利なのでみんな使ったほーがいいヨ!! と思う。で、どんな風に“使えるか”を、以下に写真で示してみる。


ケシポンの使用例。まずは何もしていない状態の宛名
宛名は、DMハガキにありそうな小さめのものを、ゴシック体と明朝体で印刷して試してみた。地は1マス1センチのカッターマットなので、宛名サイズのご参考に
ケシポン一発で、ほぼ読み取り不可能に。2発以上スタンプすれば全く読めなくなる。

もう少し大きめの宛名印刷に対してトライしてみた
ケシポンの隠蔽面積は小さめなので、何度かスタンプしないと完全には隠せない
が、文字自体は読めなくなりますな

さらに大きな文字にケシポン!!
封筒サイズより大きな郵便物に刻印される程度の文字だが、十分に隠すことができた
スタンプ数発押せば宛名印刷を捨てられて快適っスね

もっとデカい字に挑戦!!
このくらい大きな文字になると、ケシポン数発でも微妙に読めちゃいます!?
何回か押すとなんとかカモフラージュできる

さらにもっと大きな字で試すと、文字、読めちゃいますねえ
逆に、「コイツ、必死で文字隠そうとしてるな」と興味を持たれちゃうような状態に
文字が大きいほど、ケシポンの効果は薄れるのかも知れない

しつこく今度は特大の字で試してみた
何発も何発もケシポンして、ようやくギリギリ、文字の判別が不能っぽくなった
ここまでやるなら、素直にハサミ系のツールを使ったり、手で千切ったりしたほうが手間が少ないっスね

 結果、写真のとおり、ある程度小さな文字でプリントされた個人情報なら、ケシポンでの隠蔽が十分に可能である。写真にあるように、大きめの文字だと、ケシポンでは力不足ってコトになる。が、実際は、そーんなにデカデカと宛名印刷しているダイレクトメール等は少ないので、多くのケースでケシポンが実用的に使えると思う。

 が、多少注意すべき点もある。1つは、宛名の印刷に使われている紙やインクの種類だ。その種類によっては、ケシポンでスタンプしても、宛名の印刷が読めることがある。また、ケシポンで隠蔽したい宛名に対してスタンプを押しすぎると、宛名面が真っ黒にはなるが、その黒い面から宛名印刷が浮かび上がるように見えるケースもある。

 それと、厳しく見れば、ケシポンでスタンプしても、超マジかつ本気かつ目を皿のようにしつつルーペで観察したりすれば、宛名の一部が読めるケースが少なくない。

 ので、もーホントに絶対どーしても隠蔽したい文字列を隠すためにケシポンを使うのは、良い方法ではないかもしれない。「一応、消しといたほーが安心かもな」程度のカジュアルな(!?)宛名等個人情報隠蔽向けのケシポン、という気がしている。また、その場合でも、ケシポンでスタンプした後、一応読めなくなっているかどうか確認してから、ダイレクトメール等を破棄したほうが良いだろう。

 とは言っても、ポンと一発スタンプするだけで、たいていの宛名を手軽に隠せるケシポン。スゲく便利なので愛用している。愛用ついでに「こんなコトもできるかな?」といくつか実験してみた。

 1つは、例えばプレゼン資料等の一部内容の隠蔽。もう1つは、写真の隠蔽(!?)である。結果は、以下の写真のとおりである。


新製品の極秘資料だと思いねえ。メーカー関係者としては、付属のリモコンや、あるいは機種型番を隠さねばならないと考える。そこでケシポンを使ってみたが…… 完全には消えませんな。ただ、文字列は非常に読みにくい状態になっている さらにバシバシとスタンプしてみると、部分部分まったく内容がわからなくなってきた

今度は人物写真。これを捨てたいが、そのまま捨てると……マズいかな!? というわけでケシポンを
謎のロシア人っぽいオッサン写真が、ヒゲっぽいヤツの写真になった。が、なんとなく見えちゃってますな
さらにスタンプし続けたが……やはりこういうのはケシポンの使い方ではありませんのう

 以上、実験全部失敗であり徒労に終了。やはりケシポンは白黒の文字列を隠蔽するためのスタンプですな。てなわけで、現在はまっとうに、専らダイレクトメールの宛名隠しのためにケシポンを活用中である。

 なんでも消せる!! ってわけでは当然ナイし、ある程度小さめの文字列にしか効果を示さないとも言えるケシポン。でも、毎日来るウザいダイレクトメール破棄処理を、最小限の手間に近づけてくれる超便利グッズであることは確かだ。特にパーソナルユース、ファミリーユースにはコストパフォーマンスの高い“個人情報保護ツール”だと思うので、興味のある方はゼヒ。





URL
  プラス株式会社
  http://www.plus.co.jp/
  製品情報
  http://bungu.plus.co.jp/sta/product/office/keshipon/

関連記事
やじうまミニレビュー
アーネスト「秘密を守りきります! パートII」(2007/02/19)

やじうまミニレビュー
サンスター文具「シュレッダーはさみ」(2007/06/18)

やじうまミニレビュー
インフ・デザイン「ネームオフ」(2007/10/24)




PR  




2008/05/01 00:07

- ページの先頭へ-

家電Watch ホームページ
Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.