ニュース

オムロン、3,000円台で購入できる乾電池式の音波式電動歯ブラシ

乾電池式の音波式電動歯ブラシ「HT-B211」(左)と「HT-B212」(右)

 オムロンヘルスケアは、乾電池式の音波式電動歯ブラシ「HT-B211」と「HT-B212」を4月1日より発売する。全国の薬局・ドラッグストアで販売され、価格はオープンプライス。店頭予想価格は、2,980円前後(税抜)。

 電源に乾電池を使用し、約20,000回/分の高速振動を実現した音波式電動歯ブラシ。タテ方向とヨコ方向の振動を組み合わせた楕円運動により、歯の表面だけでなく歯のすき間や凸凹にも入り込み、歯垢を効果的に除去できるという。

 これにより、充電式同様、手磨きの約5倍の歯垢除去率を実現。本体は約60gと軽いため、女性でも持ちやすく、手にフィットしやすいデザインとなっている。なお電源は、単四形アルカリ乾電池2本使用で、約2.5カ月使用可能(1回2分、1日2回使用の場合)。

 HT-B211は、歯の表面に付着した着色汚れのステインを効果的に除去する「極細スパイラルブラシ」、HT-B212は2種類の微細毛でやさしく磨ける「極細マイルドブラシ」が付属。それぞれ、3種類の植毛が効果的に歯垢を除去する「トリプルクリアブラシ」、磨きにくい歯間や歯並びの悪いところの歯垢をかき出す「すき間ブラシ」も同梱されている。

パステルカラーが特徴の「HT-B210」

 ピンク、ミントグリーン、パープルのパステルカラーが特徴的な「HT-B210」も同時発売。トリプルクリアブラシが1本付属し、価格はオープンプライス。店頭予想価格は、2,480円前後(税抜)。

 いずれも本体サイズは、約218×218×200mm(幅×奥行き×長さ)。消費電力は、約0.75W。

 取替用のブラシも発売。店頭予想価格は、トリプルクリアブラシ(SB-072)、極細マイルドブラシ(SB-082)が各2本入り600円、すき間みがきブラシ(SB-092)、極細スパイラルブラシ(SB-032)が各2本入り800円(いずれも税抜)。

(田中 真紀子)